雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

絶品オムライスとボードゲームが楽しめる中野のダイニングバー『kurumari』訪問レポート

f:id:sinden:20181223130458j:plain
 ボードゲームが遊べるダイニングバーの中でも、関東随一の人気を誇る中野駅南口の『kurumari』を訪問してきたので、かんたんに紹介させてください。

店舗について

f:id:sinden:20181223130543j:plain
 店名の「kurumari」は、ライスをふんわりと包む卵の「包まり」をイメージしているとのことで、全体的にやわらかいイメージです。
 お昼は多種多様なオムライスを楽しむことができ、夜はオムライスに加えて世界のアルコールも提供を始めるので、お酒が好きな方にもオススメです
 特に「ごぼうポタージュオムライス」は、中野逸品グランプリ2013で優勝したこともある自信作とのこと。
 こちらの写真は1階で、この階段を登ると、記事冒頭の店頭に辿り着くことができます。

店内の様子

f:id:sinden:20181223130629j:plain
 記憶が曖昧ですが、テーブル席は5卓~6卓ほど。加えて、カウンター席が5名くらいでしょうか。
 全体的に「木」そして「布」という感じで、落ち着いた雰囲気です。


f:id:sinden:20181223130657j:plain


 ボードゲームも楽しめるということで、店内の一角にはボードゲームがびっしり。
 壁一面に棚を配して、ずらりと並べるというより、空間を工夫して、定番を中心に遊んでもらいたいゲームを可能な限り置いているという印象です。
 写真では、めいっぱいな感じですが、実際には狭苦しい感じはなく、おしゃれな内装に溶け込んでいる感じがします。

いただいたもの

f:id:sinden:20181223130725j:plain
 飲み放題コースも魅力だったのですが、訪問したのは平日夜で、次の日があることに加え、単品で頼むと限定ドリンクも頼めるということで、アラカルトにしました。
 写真はベルギービールのブルームーン。フルーティであっさりとした風味なので、一杯目に最適。なにより、クニツィアのボードゲーム『ブルームーン』を連想させるので好きな銘柄です。


f:id:sinden:20181223130801j:plain


 オムライスも頼みました。
 上述の「ごぼうポタージュオムライス」も魅力的だったのですが、チーズが好きなので月替わりオムライスを選びました。
 限定メニューが美味しそうだと、どうしても限定の方を頼んでしまう秋山なのでありました。


f:id:sinden:20181223130827j:plain


 名物のサモサもいただきました。
 初めて食べましたけれど、インドの包み揚げ料理で、1個100円なので頼みやすいです。お酒のおつまみに最高ですね。

遊んだゲーム

f:id:sinden:20181223130852j:plain
 オムライスを楽しんだ後は、フリーゼのファスト・フォワードシリーズを2連続で遊び、さらにもう1ゲーム遊びたい気分だったので、最後にボーナンザで締めました。

一緒に行ったぺこらさんの感想

包まれたね! 私、オムライス、好きなんですよ。って言うか、卵が好きなんですよ。ずっと、行きたかったんだけどね。行けそうなときも、貸切になったりして行けなくて、ようやく行けたんだよね! 美味しかったよ! 店内もオシャレで、ボードゲームもいっぱいあって、居心地も良かったよ

気に入っていただけたようで何よりですよ

謎のパンツゲームがあったよね。昭和感あった。ああいうゲーム、遊んでみたい

ぺこらさん、地雷原に突入していくところあるよね。まあ、2作目は面白そうだったよ

終わりに

 アットホームな雰囲気に、美味しいご飯、そして品揃えの良いアルコールと、ファンが多いのも納得の名店でした。滞在している間、オムライスを食べに来るだけの方もけっこう多く、なかにはご飯を食べに来たのだけれど、遊んでいる我々を見て、店内のゲームに触れるひともいて、良い雰囲気でした。
 自宅から遠く、足しげく通うという感じにはならないですが、時間を見つけては訪ねたいですね。

合わせて読みたい

 他にも、都内を中心にボードゲームカフェやバーを訪ねては、訪問レポートを書いています。よろしければ、合わせてご覧ください。