雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

マフィアとなり伝説の秘宝を競り落とせ『あるオークション会場からの脱出』の感想

f:id:sinden:20180310124704j:plain
 SCRAPの横浜アジトで再演が遊ぶことができるホール型リアル脱出ゲーム『あるオークション会場からの脱出』の感想です。ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

巨大都市ヨクシーンシティ。
この町では年に一度だけ超大規模なオークションが行われる。


ヨクシーンのオークションで買えない物はなにもないと謳われている。
しかも今年は特別だ。
今年のオークションには伝説の秘宝が出品されるという。


世界中のマフィアが落札を狙っているが、その秘宝は名前も形もわからない。
どの出品物が伝説の秘宝なのか?
そして、その秘宝を確実に競り落とすための金額は?


さまざまな思惑が乱れ飛ぶ、波乱万丈なマフィアの世界を、あなたは生き抜くことが出来るだろうか?

http://realdgame.jp/ajito/yokohama/event/auction2018.html

脱出率(全体)

f:id:sinden:20180310111011j:plain

脱出率(秋山が参加した回)

参加チーム数:10組
成功チームス:4組

感想

 横浜アジトは、定期的に過去の名作を再演してくれる救いの女神ですね。
『あるオークション会場からの脱出』は、昨年、参加したかったけれど、タイミングが合わなくて参加できなかったので、一年越しにようやく参加することができました。


 司会は安定の正木さん。
 このブログでは、毎回、書いていますが正木さん司会のときは、脱出成功できているので、受付で会った瞬間に、


「今日は勝ったな」


 と、謎の確信を抱いたりします。


 さて、わりとオーソドックスな形式だったでしょうか。
 物量は、そこそこかもしれません。
 けれどメンバーに恵まれて、超瞬殺でした。
 開演の直前まで、


「古い公演だからか、あんまりチケット売れてないんですかね。1卓余ってるし、5人の卓も多いし」


 と同卓の方々と話していたら、


「待たせたな」


 と言わんばかりにソロの方がいらっしゃって、この方の中謎撃破力が高かったです。
 謎解きあるあるですが、次々とやってくる謎を道筋に従って順当に解いていると、突然、


「……えっ!?」


 みたいな瞬間が今回もあったのですが、もう混乱する間もなく、その方が、


「あ、分かりました」


 とキャッチしてくれて、言語化してくれた瞬間に、秋山のなかですべてが繋がって、


「ああ、ずっと覚えていた違和感に、ようやく気が付きました。これって、こういうことだったのですね。でも、だとすると情報がひとつ足りなくて」


「それ、私、準備してあります。必要なの、これです」


 なんですかね。
 バレーでたとえると、レシーブ! トス! シュート! みたいな感じでしょうか?
 いや、バレーやらないので、正しいたとえかどうかは、よく分かりませんが。


 と言うわけで、開始40分くらいで大謎に辿り着き、5分後には、これしかない! という答えに辿り着いてしまいました。


 結果は、もちろん脱出成功!
 久々に圧勝感のある成功でした。

終わりに

 振り返って考えると、けっこう小謎力が上がったように感じました。
 途中の謎は、わりと重いものもあって、1年前であれば苦戦し、もしかしたらスタッフの囁きがなければ、突破できないケースもありえたかもしれません。でも、やっぱり量をこなしているからですかね。後は、どうしても昔の謎解きなので、


「見たことある」


 みたいのがありました。
 とは言え、これは個人的には嬉しいことで、脱出できない苦しい時期を乗り越えて、脱出できるようになってきている感があるので、自分の成長が感じられて嬉しいですね。

その後

f:id:sinden:20180310143643j:plain
 終了後は『ある学級会からの脱出』はしご予定だったので、中華街で食べ放題を楽しんで、再び横浜アジトに戻ったら、


「……このチケット、明日じゃねえか!!」


 と受付の直前で気づいて、崩れ落ちそうになりました。
f:id:sinden:20180310150506j:plain
 仕方がないので、山下公園を散策して、赤レンガ倉庫まで歩き、ワールドポーターズを覗きつつ桜木町から帰りました。周遊以外で、こんなに歩いたのは久々でしたが、たまには散歩も良いものですね。
f:id:sinden:20180312193504g:plain
 かもめの水兵さん~♪