雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

日常に謎解きを『謎解き手帳2017』の感想

f:id:sinden:20180314160829j:plain
 普段遣いできる手帳でありながら、持ち帰り謎としても楽しめる『謎解き手帳2017』の感想です。ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

概要

手帳内の至る所に仕掛けられた謎や毎月Webページで配信される謎が楽しめるSCRAP初の謎解き×スケジュール帳!すべての謎を解き明かすと最後に壮大な謎が。年末の締めくくりとともに1年を振り返っちゃおう!


「リアル脱出ゲーム」の参加記録記録ページや過去開催公演一覧、雑学ページ等も収録。謎解きファン必携のグッズに仕上げました。

https://goods.scrapmagazine.com/detail.html?name=scrapbook2017

感想

 Only is not Lonely、手帳は長らくほぼ日手帳を使っていました。
 2000年初頭、ほぼ日刊イトイ新聞を読んでいたのですが、ほぼ日手帳2002から買いはじめ、途中からWeeksモデルにしましたが、10年以上のロングユーザでした。
 ですが!
 謎がついて来ると聞いて、申し訳なさを覚えながら2017年はSCRAPの謎解き手帳を使うことにしました。


 手帳として謎解き手帳は微妙でした。
 カレンダー内に謎が仕込まれていたりするので、最終的に謎を解くことを考えると、手帳としては、ちょっと使いにくいんですよね。
 けれど、ここ8年くらいスケジュール管理はiPhoneでやっており、手帳はメモ帳として使っている感が強かったので、あまり問題はありませんでした。


 さて、謎についてですが、週謎、月謎は面白かったです。
 ですが年謎は、どうなんでしょう、これ。
 確かに一年の締めくくりとなる謎なので、壮大にせざるを得なかったのでしょうが、それにしては導線が薄いと言うか、指示が足りないと言うか……これ、ノーヒントで最終解答に辿りつけたひとがどれくらいいるのか気になるくらいです。
 やたら手間も掛かりましたし。
 複雑な謎を解いてすっきり! と言うより、せっせと取り組んで、なんとか答えを導き出すことができて疲れた。みたいな感じでした。


 年謎は微妙でしたが、反面、一部の週謎は革新的でしたし、月謎は、どれもおおむね楽しめました。
 既に謎解き手帳2018も購入済みで、月が変わるたびにリアルタイムで解いています。今年は、どんな年謎が待っているのか楽しみですね。