雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

アイドルを(物理的に)発掘せよ『アイドル発掘!Diggers』の感想


f:id:sinden:20180919203853j:plain
 ラディアスリーさんのゲームマーケット2018春の新作『アイドル発掘!Diggers』を遊びました。
 2~6人で遊べる10~20分の、さっくりとしたカードゲーム。


f:id:sinden:20180919203945j:plain


 激烈に面白かったです
 メカニクスは変則的なオープンドラフトと、セットコレクション。
 最終的に、最も点数効率が高くなるような組み合わせでアイドルカードを揃えていくのですが、オープンドラフトの方法が物理的なのです。


 物理的、とは?


 順を追って説明しましょう。
 まず、場のセットアップから。
 各プレイヤは手札の、場への配置から始めます。
 テーブル上の好きな位置にカードを配置することができます。他のカードから離れた場所に置いても良いですし、他のカードに重ねて置いても構いません。
 重ねての配置は、非常に重要です。
 何故なら、ゲームの後半、オープンドラフトの際に、入手できるカードは、他のカードが重なっていない、山のいちばん上にあるカードだけなのですから。


 そう、だから発掘、なのですね。
 よく出来ています。


f:id:sinden:20180919203927j:plain


 アートワークが萌え系なので、アイドルというテーマも含め、敬遠する方も多いかと思いますが、百聞は一見にしかず、実際に遊んでみると、非常によく出来ていますし、遊んでいて単純に面白いので、是非、試していただきたいと思う次第です。


これ面白いよ! 私、これ好き! 並べるのが良いよ。掘るのも楽しいけれど

べた褒めだね

セットコレクションの組み合わせが、よく分からないんだよね。色しか分からない

それ、ぼくも忘れがち。衣装で揃えるんだっけ? パッションやクールとかの性格で分けるんだっけ?

どっちか