雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

推定少女

推定少女 (ファミ通文庫)

推定少女 (ファミ通文庫)

 かなり期待して読んだのだが、あまりよく分からなかった。続き物なのかな。
 もう本当に途中までは面白くって仕方がなかったのだ。主人公がどうして逃げているのかも分からないし、現実なのか夢なのか今ひとつよく分からないところや、作者が読者に対し妙な自覚的なところも。全部が全部、狙ったような台詞回しには首を捻らないでもなかったけれど、全体的に面白いなと思った。けれど問題は後半。はっきり言って、訳が分からないのだ。「これはきっと夢の中だろうな」的な適当な展開が続き、「いつになったら目が覚めるんだろう」なんて思っているうちにそれがずっと続いてしまい、「え? ひょっとして本気で書いてるのか??」なんて頭を抱え、そのままエンディング――と。
 タイトルの意味もよく分からないし、ネットで本書を誉めている人もなぜ誉めているのか分からないし、ひょっとして自分の読解能力が足りていないのではないかとさえ思えてくる。いや、しかし、でもなあ。むう……。