雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

二連飲み

 金曜は学科飲み。
 土曜は第一回ザレゴトコートオフ。
 船橋カラオケ館でザレゴトコート(http://mhk.sakura.ne.jp/chorori/chorori-index.html)をやってきました。参加者は、
・ウリオさん(id:urio
・和森さん(id:cazmori
・キリ野さん(id:Kirin0
・さとるさん(id:jasper
・藤さん(id:fujitic
・ミハテさん(id:mihate
・よっちゃん(id:yoakero
 てっきりキセンくんが来るものとばかり思っていたので、市川憂人『カルテット・ダンス』を持参し語る準備もしてきたのに披露することができなかった。仕方がないのでよっちゃんにあげようと思ったけれど、よっちゃんには既にマンガを七冊ほど貸しているので、ウリオさんに。紙が妙にごわごわしてるのはあの日の雨に濡れたからです。キリ野さんとは初めてお会いしました。オフの中に初めての人がいるといいですね。真剣に話をすることができて。帰り道、さとるさんと、もしキリ野さんがいなかったら西尾維新は萌え話から進展しなかったし、ミステリの話もせず、グダグダだったろうねというような会話を交わした。秋山は森博嗣の話をすることによって森分を摂取でき、たいへん満足。
 ザレゴトコートは最高に面白かった。程よい感じに戦略があってとても好ましい。機会があればまたやりたい。是非やりたい。むしろ回廊オフでやろうぜ。
 カラオケ館でザレゴトコートをやった後は、さくら水産天狗にて飲み会。しかし、このところ肉が食えなくなった秋山は野菜と豆腐を食べた後、お茶を飲む。いよいよベジタリアンと化してきた。
 帰り道、ひとりになってから凄まじいトリックを思いつく。限られた条件下でしか成立しえないが、かなり完全犯罪に近いし、わりと応用が効く。機会があれば是非、書きたい。