雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

トリックスターズL

[rakuten:book:11544977:image]

トリックスターズLトリックスターズL
久住四季

メディアワークス 2005-11
売り上げランキング : 29252

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
asin:4840232121
「ちょっとした魔術実験をやることになった。だから、もし暇な奴がいたら付き合え」城翠大学魔学部客員教授にして魔術師の佐杏冴奈が、かんたんに言い放ったその実験は、“六人の魔術師の五番目”と一緒に行う、壮大な実験だった。だが果たして事件は発生する──魔学結社オズの魔術師保全委員会によって、出入り口が人為的に封鎖された“嵐の山荘”の只中において。
 前作で開示された世界観と登場人物とを用い、さらに展開するのではなく、逆に閉鎖空間に押し込め、凝縮させたシリーズ第2巻。圧倒的にミステリしていた、と言えるだろう。そのミステリっぷりは、ライトノベルというフィールドにおいては異様とさえ言えるだろう。何故って本書は、見た目の派手な魔術師を登場人物に配することで、少年漫画の王道的な展開ができるにも関わらず、それに比べると読み手に受容力を求める物理トリックやどんでん返しを用いているのだ。なんというカタルシスだろうか。素晴らしかった。