雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

アユミちゃんはセカイを救い、プレーヤーはゲームをクリアする

 アリスとテレス工房『アユミちゃん、セカイを救う!』をプレイしました。
 シナリオライターうさぎ鍋竜之介さんは、半端マニアソフト渡辺僚一さんが1秒に10回ぐらい「文章が上手い」と言っていた方で、グーグル先生に問い合わせてみるとはてなキーワード流水大賞の項が出てきたりします。ご本人も、思わず手を差し伸べてあげたくなるようなオーラを発している好青年です。
 そういった諸々に興味を覚え『アユミちゃん、セカイを救う!』をプレイした……わけ……ですが…………。


(ノ´Д`)ノ⌒┻━┻


 激烈に面白かったです。
 もう、いっそ、悔しさを感じるぐらいの面白さでした。だって、ものすごい才能ですよ。こんな才能が流水大賞に落ち、スニーカーに落ちただなんて……なんだか、忍びなくて涙が零れます。そして、もしかして渡辺さんも、アリスとテレス工房の前作『やっぴぃ/アウトサイダーをプレイして、打ちのめされたのだろうか……。
 まあ、そんな感じで、もし夏コミで『アユミちゃん、セカイを救う!』を購入したり、ご本人からいただいたりして、まだプレイされていない方がいたら、どんどんプレイして、共にプロデビューできるようお祈りしましょう!