雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

台湾メーカーのカードに草場さんがルールを作った『デザイア』開けてみた

 mixiで手羽先さんが乳首の見えている巨乳の女の子が描かれたカードゲームを遊んだと日記を書かれていて、そのしばらく後に元祖〇一堂さんが、草場純さんがルールを魔改造した台湾メーカーの『デザイア』を遊んだと書かれていて「ほほう」と思いながら買ってみました。
 しかしながら、購入に至るまでの間、けっこうな覚悟が求められたことを、ここに明言しておこうと思います。カードに描かれている絵柄は、非常に官能的かつ妖艶な巨乳の美女で、所有には抵抗がありましたし、遊ぶメンバーも選びそうでした。
 でも、買ってしまいました。
 なんとなく台湾メーカーというところにレアな気配を感じましたし、草場さんがルールを作っているというところが魅力だったからです。
 前置きが長くなりました。開けてみましょう。

開けてみた


 まずは箱から。ツルバラの絡まった全裸の美女が、四つん這いになってこちらを眺めているという扇情的なパッケージです。



 裏面はこんな感じ。
 中国語と日本語が混在しており、カオスな気配が出ています。



 シュリンクはされていなかったので、そのまま開けてみました。
 勝利点の法則が書かれたポイントカードと、実際にゲームで使うカードの2種類が入っています。



 仕切りの下にはルールブックが潜んでいました。
 パッと見たら中国語で驚きましたが、その下に、ちゃんと日本語版もありました。



 ポイントカードは、こんな感じです。
 同じ枚数を多く獲得するほど、より勝利点を得られるというのが分かります。



 ゲームで使うカード一覧。
 最初は、もう少しアップで撮りましたが、ちょっと……ちょっと、だったので、巧みに配置を調整して、やや離れて撮りました。

おわりに

 実際にプレイはしていませんが、面白そうな気配はあります。
 しかし、絵柄が……。
 冷静に遊ぶ相手を見極めたい所存です。