雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

フレボド_2015_0704

 この日は、フレイさんのところで『ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズ』を遊ぶ日でした。
 指定された時間に、数分ほど遅刻したら、まだ誰も来ていなかったので「待っている間、カルカソンヌしましょう」と言うことで、急遽フレボドに変わりました。

カルカソンヌ


 と言うわけで、一戦しました。
(秋山111点、フレイさん85点)

中断

カルカソンヌ』を遊んでいる間に、他の参加者が続々と見えられ、この後はしめやかにD&Dになりました。

サイコロのアレ


D&D』を遊び終えた後、以前に最上さんと遊んだときに不完全燃焼だった『サイコロのアレ』を遊びました。
 3人だと、まあ、面白いですね。プレイヤ同士が結託したり、敢えてダイスを見せたり見せなかったり、選択肢に幅が出てきます。
 相変わらず最上さんが豪運で、ぜんぜんダイスを当てることができず、独走を許してしまいます。一度、差がついてしまうと、中々、差を縮められない問題があって、結局、最上さん優勢のまま、ゆるやかに推移して、最上さん勝利で終わりました。
 プレイ人数が少なければ、ダイナミックに点数を稼ぐことができて賑やかで、プレイ人数が増えると、作戦に幅が出るけれど、点数は稼ぎにくくなって、ジリジリとしたゲームが楽しめる。そんな感じでしょうか。

終わりに

 次の日もあったので、この日は早々に解散となりました。