雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

言葉を閃いてしりとりする『しりとりスピード』の感想

f:id:sinden:20181228141307j:plain
 チョコレイトさんのゲームマーケット2018秋の新作『しりとりスピード』を遊びました。
 タイトル通りしりとりとスピードがベースになった、多人数パーティゲームです。


 定番ゲームの『ワードバスケット』、遊ばれた方も多いと思います。
 場に出ている札と繋がるように、その言葉を口にしながら、手札をプレイしていきます。
 このゲームは『ワードバスケット』に似ているのですが、圧倒的に異なるのは、カードがイラストになっているところ。ご覧ください。


f:id:sinden:20181228141340j:plain


 こんな感じの、何ともいえない奇妙な味わいのイラストが盛りだくさんなのです。
 これらを使って、場に出ている1枚と繋がるようにしりとりをしていくのですが、解釈次第で、いかようにでも言葉をつけることができるんですよね。
 たとえば、この写真のいちばん右のイラストは「校長」でも「バイバイ」でも、他プレイヤが許せば認められます(ちなみに「おじさん」は「ん」で終わってしまうのでアウト)。
『しりとりスピード』の面白いところは、一度、出したからと言って、そのカードが、その名称で固定されるわけではないということです。
 たとえば、一番右のカードを「校長!」と叫んで出しておきながら、直後に「バイバイ、からの犬の散歩!」と言いながら、真ん中のカードを出しても良いわけです。
 この解釈の自由さが面白いですね。


f:id:sinden:20181228141414j:plain


 実際にプレイしている様子が、こちらです。
 各プレイヤは手札をオープンにして、いちばん先に手札がなくなったプレイヤが勝利します。
 カードはシュールなものが多くて、中には「これ、何なの……?」というものもあります。
 この写真でも、おむすびが山から転がっているイラストなのに、何故か上下逆に置いていて、いっそうわけわからんことになっていますね。


 Twitterで検索してみたら一緒に販売していたので、もしかしたら『ツッコミかるた』と同じデザイナさんなのかもしれません。多人数で遊ぶと盛り上がるゲームなので、気楽なパーティゲームを探している方にオススメです