雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

相手の道を阻み、自分の道を作れ『Qubism』の感想

f:id:sinden:20190103172420j:plain
 デバッグモンキーズさんのゲームマーケット2018秋の新作『Qubism』を遊びました。
 2人用アブストラクトゲームです。


 関係ないですが、最初、タイトルを口頭で聞いたときは、かめのうきしまさんの狐がテーマのカードゲーム『キュウビズム』かと思いました。
 こちらはキューブ(Qube)なので、語源が異なるわけですけどね。


f:id:sinden:20190103172457j:plain


 ゲームとしては、非常にシンプルです。
 自分のコマを対岸に届ける、それだけです。コマは上下左右に動かすことができ、相手のコマを飛び越えることができるので、最短3手でゲームオーバーもありえます。


f:id:sinden:20190103172542j:plain


 このゲームの特徴的なところは、この矢印が描かれたキューブの存在。
 これらのキューブは、プレイヤコマの動きを疎外する壁として設置されます。従って、相手の道を阻むように置いていくのが肝要です。
 ただし、一度、置かれたキューブは、その場に置かれっぱなしになるわけではなく、なんと矢印の方向に動かすことができるのです。これによって、一見、道を塞がれた風でも、横にスライドさせてしまえば邪魔でもなんでもなくなったりします。


f:id:sinden:20190103172614j:plain


 こちらはゲーム終了時の風景。
 動かせるキューブを、たくみにコントロールし、ゴールを決めることができました。


 プレイ感としては『コリドール』に近いです。
 手番にできることが、コマを動かすか、キューブをコントロールするかの二択であるという点も似通っています。
 シンプルなアブストラクトではありますが、気軽に遊べますし、凹みのあるボードにキューブがしっかりハマるのが面白く、物としての完成度が高いです。ひとつ持っておくと、いろいろな場面で活躍できそうです


難しい! 難しかった!!

キューブの再利用を、どこまで考えるかがゲームとしては、ポイントだよね。1回、設置して壁として使った後、どこに移動させて、どう再利用するか

うーん……難しかった