雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

かわいい妖精を見つけよう『コティングリーフェアリーズ』の感想

f:id:sinden:20190112143644j:plain
 COLON ARCさんのゲームマーケット2018秋の新作『コティングリーフェアリーズ - Cottingley Fairies ~妖精の見つけ方~』を遊びました。
 3~6人で遊べる、オープンドラフトとカード配置のゲームです。


 非常に面白かったです
 タイルを配置していって、一種類のキノコで空間を囲ってフェアリーサークルを作り出し、作り出せたフェアリーサークルの広さと数の掛け算で勝利点が決まるゲームです。
 COLON ARCさん独自の指針で「こどもも かんたん」「おとなも かんたん」とされていましたが、個人的には、けっこう難しく感じました。


f:id:sinden:20190112143719j:plain


 難しさの理由は2つ。
 ひとつは握り競りの難しさです。握った探索チップの数を見て、オープンドラフトの先手順を決めるのですが、並んでいるカードの価値の見定め、自分の欲しいカードを、他プレイヤも狙っているかどうか、カードを配置した結果、何枚の探索チップが戻ってくるのか。
 と、けっこう、考えどころが多いのです。
 もうひとつは、最終的な点数を増やすために、より広大なフェアリーサークルを志しながら、その点数を2倍、3倍にするための働きかけも必要であることです。
 同時に複数のことを考える必要があり、考えるのが苦手な方は、優先順位を定めることができず、際限なく考え込みそうです。


f:id:sinden:20190112143811j:plain


 とは言え、考えどころが多いことは、ボードゲームの楽しいところでもあって、上述の通り、秋山個人としては、とても楽しめました。
 かわいい見た目に反して、けっこうガチなところがあるので、気合を入れて遊びたいなと感じました。
 とは言え、実際に遊ぶときは、あんまり気負うことなく、最初の1回はルールを確認するためと割り切って、ライトに遊んでみることをオススメします。あんまり長考してしまって、ワンプレイが長くなってしまうと、続けてもう1回に対して抵抗が生まれてしまいますからね。


パッケージのアートワーク、かわいいよね。白キノコの大きいサークル、できなかったよ

そう言えば、そうだったね。序盤から、ずっと白キノコだけを追い求めていたのに、最後の最後で枯渇しちゃって、残念だったね

スタートプレイヤマーカーが欲しかったねえ

原価に跳ね返っちゃうけれど、妖精のフィギュアがあったりしたら、もっと可愛かっただろうね