雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

サイコロを転がしてサイコロを取る『PSYCOLO』の感想


f:id:sinden:20190124085055j:plain
 くだらないもの工房さんのゲームマーケット2018秋の新作『PSYCOLO』を遊びました。
 2人専用の対戦ゲームです。


f:id:sinden:20190124085140j:plain


 ダイスをコマとして用いたゲームです
 まず、5つのダイスをまるっと振って初期位置を決めます。準備が完了したら、いよいよゲームスタート。手番が来たら、ダイスをひとつ振って、その出目の分だけコマを転がして動かすことができます。


f:id:sinden:20190124085210j:plain


 この、転がす、というところがゲームとしてはポイントになります。
 ゲームの目的は、相手のコマをすべてなくすことで、相手のコマをなくすには、相手よりも強い数をぶつけることになるのですが、たとえば6が出ているダイスであっても、2歩、移動すると最弱の1になってしまうのですよね。
 従って、相手との距離や、どこで立ち止まるか、どの出目が見えている状態で待ち受けるか、いろいろと考えることが多いです。


f:id:sinden:20190124085239j:plain


 自分のコマを取られたら、盤上に障害物として黒いタイルをひとつ置くことができます。
 この障害物で、うまいこと相手の動きを制限するのがポイントですね。ダイスの出目にもよりますが、少しずつ盤面が障害物タイルで埋まっていくので、移動できる場所が、どんどん制限されていき、ゲームとしての終息性も高めです。
 短時間でさっくりと遊べる良いゲームです


なんと言うか、難しいよね。サイコロの反対側を知っているひとが有利だよね

え……っ

いやいや、知ってるよ! 足したら7になるんでしょ! わかってるよ! でも、転がったら分からなくなっちゃうでしょ! 何歩、行ったらいまの裏側になるかなんて、その分、転がさないと分からないでしょ!

そのりくつはおかしい

あきえもんだ!