雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

Androidで遊べる無料のゲームブック『迷宮審判』の感想


f:id:sinden:20190123220453p:plain
 少し前に『絶対に読みたいゲームブック40選』の感想を書きましたが、それ以来、ゲームブックが遊びたくて遊びたくて……Google playで「ゲームブック」と検索してみたら、この『迷宮審判』が出てきたので、早速、遊んでみました。

オーソドックスな迷宮物

f:id:sinden:20190123220536p:plain
 プレイヤはとある理由で迷宮に閉じ込められたしまった冒険者。
 選択肢を選び、迷宮を探索し、装備品を整え、ダイスを振ってモンスターと戦い、ライフが尽きてしまう前に、迷宮から脱出することを目指します。
 なんと言うことはないオーソドックスな迷宮物です。迷宮物というジャンルがあるかどうかは分かりませんが……。

デジタルならではの機能

f:id:sinden:20190123220556p:plain
 デジタルならではの機能として、ライフや持ち物の管理や、戦闘におけるロールダイスなどは自動でやってくれます。逆に言うとズルが出来ないわけですが、ズルをするほどの難易度ではないので、あまり気になるほどではありません。
 セーブはセクションごとに可能で、ある程度、物語が進むとセーブポイントが現れます。いわゆる指セーブは出来ませんが、一撃死みたいなバッドエンドは、そんなになかったような気がするので、必要なアイテムを入手しておく必要がある。みたいなことを考えると、セクションごとのセーブで、かえって助かります。
 システムは全体的に、かゆいところに手が届く感じで快適です

濃厚な世界観

 迷宮物は、どうしても探索が主軸になってしまうのですが「今、あなたは十字路に立っている。北に行く? 西に行く? 東に行く? 南に行く?」みたいな無機質な選択肢はなく、ファンタジィ小説感のある濃厚な描写が多くて、充実感を強く覚えます
 パラグラフ数は分かりませんが、100くらいでしょうか。セッションでいくつかの章で区切られているので、ストーリーも覚えていられ、遊びやすかったです。

謎解き要素

 途中、1箇所で謎解き要素がありました。
 謎解きと言うより、どちらかと言うとクイズ……と言うか、なぞなぞみたいな感じでしたが。分からない方のためにヒントを書いておくと、漢字2文字です。

終わりに

 無料で遊べることもあって、もう勧めないわけにはいきません!
 このレベルのゲームブックが、スマートフォンで楽に遊ぶことができるなんて、いやあ、素晴らしいですね。ただひとつ残念なのは、続編がないことでしょうか。
 タイトル画面には「Android Game Books Vol.1」とありますが「Vol.2」は見つけられず、続編計画も立っていない様子です。システムは出来上がっているように思えるので、残念です。