雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

特殊能力のある神経衰弱『見習イ魔女ノ夜』の感想


f:id:sinden:20190124111900j:plain
 ACT Createさんのゲームマーケット2018秋の新作『見習イ魔女ノ夜』を遊びました。
 1人から4人までで遊べる神経衰弱をベースとしたカードゲームです。


f:id:sinden:20190124111928j:plain


 神経衰弱です。
 ご覧の通り、計25枚のカードを縦5枚、横5枚になるように並べます。
 各カードは色と種類という2種類の要素を持っており、めくった2枚が同じ色もしくは同じ種類であれば、獲得することができます。ふつうの神経衰弱より、当たる確率は高めなので、初手でなんの情報がないなかでも、なんとなくめくった2枚が当たるということが、まあまあ、ありえます。


f:id:sinden:20190124111958j:plain


 各カードは、それぞれ固有の能力を持っていて、カードをめくる前にチラ見することができる等、ゲームを有利に進められるようになったり、ゲーム終了時に、特定のカードの点数が増えたりします。
 相手の獲得状況を見つつ、最適なカードを、確実に獲得していくことが攻略のポイントです。


 基本となるルール自体は、神経衰弱なので、ルール難度は低め、軽く遊びたいひとに向いています


神経衰弱だったね

それを言っちゃあおしまいよ

なに、秋さんなの?

ゲーム的には、ぺこらさん圧勝でしたね

なぜだかね。でも、神経衰弱よりかんたんだよね、2種類の要素があるから。魔女設定は好きだよ

ぺこらさん『マギアレコード』も遊んでたよね

最近、やってないよ!