雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ポラ……リッ……チ!『ポラリッチ』の感想


f:id:sinden:20190220202146j:plain
 daitaiさんのゲームマーケット2018秋の新作『ポラリッチ』を遊びました。
 2~4人で遊べるシンプルなアクションゲームです。


 過不足のない、完成度の高いゲームだと感じました
 幅広いプレイヤと一緒に遊べ、安定感があります


f:id:sinden:20190220202225j:plain


 ルールはシンプル。
 紙コップのなかに、いくつかのキューブを隠し、準備をします。
 全プレイヤの準備が整ったら、いっせーのーせならぬ、ポラリッチの掛け声で、一斉に紙コップをあけて、キューブが見える状態にします。
 ここから先は、早いもの勝ちです。
 キューブの総数をカウントして、それが一定値より少なければペンギン、多ければシロクマ、既定値ぴったりであればイヌイットのコマを、持っている紙コップで覆い隠します。
 合っていたら得点、間違っていたらお手つきでペナルティ。
 これの繰り返しです。
 うーん、シンプル。


『ジャングルスピード』や『おばけキャッチ』よりシンプライズされているので、正直、ルールを読んだときは「これで、ゲームになっているのか?」と思ったものです。
 でも、1ターン遊んでみて面白さに気が付きました。
 場にあるキューブの総数を求めるというのがポイントですね。
 実際には、カウントなんてしないのです。パッと見て少なければペンギン、多ければシロクマを、とりあえず狙いにいって良いように感じます。
 肝心なのは、自分がどれだけキューブを仕込むかでしょうか。自分が1つしか仕込んでいなければ、それだけでペンギンの可能性が高まりますし、3つも仕込めば、シロクマの可能性が高まります。
 自分が仕込んだキューブ数を意識して、他プレイヤのキューブを、一瞬で確認し、行けそうだと思ったら素早く手を動かす。
 これの繰り返しです。


f:id:sinden:20190220202302j:plain


 極々稀に、既定値ぴったりのイヌイットが出てくるのが、やっぱり盛り上がるポイントですね。
 1人が「多い!」と思ってシロクマにかぶせ、1人が「少ない!」と思ってペンギンにかぶせ、最後の1人が「えっ、もしかしたら!?」とイヌイットにかぶせて、落ち着いてキューブを数えてみたら、既定値ぴったりだったときが場が湧きます。


 反射神経を要求されますが、複雑なルールを好まない層を誘いやすい完成度の高いゲームです。オススメ!!


紙コップが壊れそうだった。ちっちゃくて可愛いからもったいなくて使えなくなっちゃうよ。紙コップだけ別売りしてくれればいいのに

ルールブックには、紙コップのサイズが書いてあって、同じものを100円ショップ等で購入できるよ。柄は無地になってしまうけれど。透明じゃあ、遊べないからね

コマが可愛かったよ。そう言えば、ゲームマーケットの日、多分、買った直後だと思うんだけど、ローソンの前の食事エリアで遊んでいるひとたちがいたよ