雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ピラミッドで陣取りとセットコレクション『ブレーメンのオーケストラ』の感想

f:id:sinden:20190223154543j:plain
 カウベルゲームズさんのゲームマーケット2018秋の新作『ブレーメンのオーケストラ』を遊びました。
 2人から4人で遊べる、プレイ時間30分ほどのカードゲームです。


 けっこう面白かったです
 ゲームの目的は、ブレーメンのオーケストラを作ること。各プレイヤは順々に動物カードを出していって、20枚のカードが場に出たときにゲームは終了します。
 最終的に、同じ色がどれだけひとまとまりになっているかなどで点数を算出し、貢献すればするほど、より多くの得点が与えられます。
 他プレイヤの尻馬に乗っかり、おこぼれに預かっていくのがポイントになりますが、動物を積み重ねるというブレーメンの音楽隊でテーマ的にも沿っています。


f:id:sinden:20190223154658j:plain


 手番が来たら、4枚の手札のなかから1枚をプレイします。
 各カードには、場札の交換に代表される効果があり、それらを駆使することで、布陣をかためていくのが肝要です。
 なるべく同じ色で揃えたほうが良いので、手札を補充するときも偏らせたくなるのですが、あんまり偏らせてしまうと、その色のカードしか出せなくなってしまい、苦戦する瞬間も来ることでしょう。


f:id:sinden:20190223154622j:plain


 こちらは最終的に出来上がった盤面。最初のうちは緑カードが優勢で、後から黄色や赤も少しという感じでしょうか。青カードは、ほとんどプレイされませんでした。
 ピラミッドに頂点にいるのは、指揮者カードです。今回は、とくに効果のないフェニックスを選んで遊びましたが、フェニックス以外であれば、追加の点数やお題が指示されるので、ゲームに深味が生まれます


f:id:sinden:20190223155224j:plain


 点数ボード。
 今回は3人で遊びましたが、最終的に1点差で勝利しました。
 なかなかの接戦でした。