雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

マスキングテープを貼ればどこでも遊べる『TOKYO WASHI GAME CAT』の感想

f:id:sinden:20190419110842j:plain
 Jordan Draper Gamesのゲームマーケット2018秋の新作『TOKYO WASHI GAME CAT』を遊びました。
 マスキングテープの形状をした紙ペンゲームで、2人~6人で遊べます。


f:id:sinden:20190419111008j:plain


 キックスターターでTOKYOシリーズを成功させたJordan Draper Gamesの最新作は、マスキングテープを用いた紙ペンゲームです。コンポーネントはご覧の通り、このマスキングテープだけ。これを貼り付ければ、テーブルだろうが、地面だろうが、何処だろうがゲーム空間に早変わりします。
 尚、プレイには人数分のペンが必要になります。


f:id:sinden:20190419111113j:plain


 ゲームの目的は、自分の猫に魚を与え、戻ってこさせることです。
 1手番に1歩ずつ、自分の猫を移動させることができるので、うまいこと他プレイヤの猫のルートを阻害しつつ、自分の猫にとって有利なルートを築き上げます。


f:id:sinden:20190419111154j:plain


 ゲーム中に2回だけ使える、マンホールワープや、スーパー・アメイジング・キャット・ジャンプなどの特殊移動が、極めて強力で、いかにしてこの能力を駆使するかが攻略ポイントとなります。
 猫の初期位置をどこにするかも、けっこうポイントで、この点は『カタンの開拓者たち』っぽいなとも感じました。


f:id:sinden:20190419111219j:plain


 マスキングテープを貼れる場所とペンさえあれば何処でもすぐに遊ぶことができるのが魅力です。鞄に入れておいて、ちょっとした瞬間に取り出して遊びたいですね


マスキングテープは新しいよね。でも、うっすら透けてるから、貼る場所によっては分かりづらくなるよね。だから、貼るなら白いものの上がいいよね

事実、我々も最初は黒いテーブルの上でやろうとしたけれど、後から白い紙に貼り直したよね

猫が魚をぱっくんちょ。かわいいじゃない? 難点は、ちょっとマス目が小さいことかな。もう少し大きいと良かった

猫が魚を好きなのって、日本だけらしいね。チコちゃんに教わったよ。こういうフレーバーも、日本的だと思う