雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

人類を救うのは人情『ブラックホール人情』の感想

f:id:sinden:20190421103430j:plain
 シュールな世界観と高い難易度の1人用カードゲーム『うどんエイリアン』で話題を呼んだ7キューブさんの第2作『ブラックホール人情』を遊びました。
 前作同様に、表裏で効果が異なるカードを用いた1人用カードゲームです。


 前作『うどんエイリアン』は、うどんを作って香川県の人口を増やすことで人類をエイリアンの危機から救うというストーリーでしたが、今回は、太陽系に突如として出現した巨大ブラックホールをなんとかするために良い行いをして、人情によって地球を救うというストーリーです
 相変わらず荒唐無稽ではありますが、なんにせよ地球を救うのはよいことです


f:id:sinden:20190421103526j:plain


 難易度的には、どうでしょう。
 前作で慣れたからかもしれませんが、少しかんたんに感じました。
 と言うか、最初のうちは、どんどん惑星は滅びますし、地球は、すぐにブラックホールに飲み込まれるのですが、その「負けること」に対して、ある種の慣れがあったかもしれませんね。
 負けてしまうことを残念に思ったり悔しがったりするのではなく、最初の何回かは失敗して当然。この失敗のなかから、経験値を得ていこう、みたいな。


f:id:sinden:20190421103621j:plain


『うどんエイリアン』が気に入った方は、きっと楽しめることでしょう。


『うどんエイリアン』にかなり近いと言うか、雰囲気も似てるよね。遊び方もね

まあ、基本システムは、そうだよね

勝ち筋は異なるから、こっちはこっちで面白いよ

テーマ的にはどう?

いいじゃない。渥美清でしょ。前は、要潤でしょ?

え、なんの話??

俳優だよ。男はつらいよの。だから、人情なんでしょ?

あ、そーゆーこと?