雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

戦国武将が東西に分かれてバトル『戦国SAI』の感想

f:id:sinden:20190501191554j:plain
 戦国SAI製作委員会さんのゲームマーケット2019大阪の新作『戦国SAI~関ケ原再び~』を遊びました。
 2人から10人までで遊べるカードゲームです。


 正体隠蔽と殴り合いのカードゲームです
 各プレイヤは、ゲーム開始時に陣営カードを受け取っており、それによって東軍と西軍とに分かれることになります。また、それぞれ戦国武将を選び、そのキャラクタとして関ケ原の合戦に臨むことになるのですが、史実ではありえなかった夢のタッグが組まれたり、奇跡の対決が現実になったりします


f:id:sinden:20190501191646j:plain


 武器によって攻撃範囲が決まっており、両隣しか殴れなかったり、対面に座っているプレイヤまで攻撃が届いたりします。誰と誰が敵が、誰と誰が味方なのかを考えつつ、効率的に攻撃していって、敵大将を打ち取ることを目指します。
 システム上、大人数……最低6人、できれば8人もしくは10人で遊んだ方が面白そうではありますが、真っ先に脱落してしまった場合、後は退屈な時間が続くことになるので、2~3人ルールで少人数で遊んだ方が良いような気もします。


f:id:sinden:20190501191717j:plain


 今回は2人で遊びましたが、織田信長VS本多忠勝ということで、なかなかに盛り上がりました。
 イラストのクォリティも高いので、ゲームはあんまりだけれど、戦国時代が好き! という方にもオススメできそうです。


信長めっちゃ弱かった

まあ、2人用のときに選択する武将ではなかったね

でも、パッケージに信長いるし、手元に来たら、選ばないと! って思ったんだよ

その気持ちは分かるよ。ぼくも好きな武将だったら、多少、能力が噛み合わなくても選びたくなるよ。伊達政宗とかね

是非もなし