雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

タイルを並べるすごろく『Wow!スゴロク』の感想


f:id:sinden:20190505210610j:plain
 Dig-A-Dooさんのゲームマーケット2019大阪の新作『Wow!スゴロク』を遊びました。
 2人から6人までで遊べる、いわゆるスゴロクです。


f:id:sinden:20190505210812j:plain


 一般的なスゴロクは、大きなゲームボードがあり、スタートマスから上がりのマスまでダイスを振ってコマを進めていきますが、このゲームにボードはありません。
 その代わりにあるのは、大量の三角形のタイル。
 まずは、このタイルをテーブル上に並べることで一本道のマップを作るわけです。後は、スタートマスにコマを置いて、上がりのマスまでコマを進めていきます。


f:id:sinden:20190505210715j:plain


 各タイルは裏面に様々な効果が書かれており、スゴロクでよくある「2マス進め」だとか「1回休み」みたいな効果があります。
 裏向きの状態では、そのマスがどんな効果を持っているか分からないので、とりあえず踏むしかありません。効果は連続するので、例えば進め系のタイルが連続していれば、最初のマスを踏むだけで、どんどん進めたりします。


f:id:sinden:20190505210900j:plain


 このゲームを、ゲームたらしめているのは、ダイスの1の目の代わりに書かれた「Wow!」。
 この目が出たときは、テーブル上の任意のタイルと任意のタイルを交換することができるのです。もちろん、交換したタイルを踏めるかどうかはダイス目次第ではあるのですが、首尾よく行けば、出遅れているプレイヤに一発逆転の目も出てきますし、ダイスを振る手にも、ちからが入ります。


f:id:sinden:20190505210936j:plain


 多少、変則的ではありますが、やることはスゴロクから大きく外れていないのでインストも最低限で済みます。とりあえず、パッと遊びたい方にオススメです


面白かったよ

ぺこらさん、こういうゲーム好きだよね

よっちゃんがループの海に飲み込まれたよね

ああ、2マス進むと2マス戻るの永遠ね

よっちゃん、ずっとコマを行き来させていたね。協議終了しなければ、いつまでもやってたと思うよ