雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

発音できるのはアとボだけ『ABOBO -アボボ-』の感想

f:id:sinden:20190707103650j:plain
 OYATSU GAMESさんのゲームマーケット2019大阪の新作『ABOBO -アボボ-』を遊びました。
 3人から6人用のパーティゲームです。


 なんともアホっぽい(褒め言葉です)パーティゲームです
 かんたんなルールで、すぐに遊べて、とにかく盛り上がれる騒がしいゲームを探しているのであれば、このゲームがうってつけでしょう。


 プレイヤは、アボボ族の新人シャーマンになります。
 祭りを成功させるために、巫女さんチームを集めることになります。歌うのが得意な巫女さんや、踊るのが得意な巫女さんなど、巫女さんにはそれぞれの得意不得意があり、様々な種類の巫女さんをいちはやく集めるのが目的です。


f:id:sinden:20190707103728j:plain


 ゲーム開始時、プレイヤは初期手札として1枚だけ巫女さんを持っています。
 ゲームスタートの合図と同時に、テーブル中央の山札から、裏向きのままカードを1枚ドローし、インディアン・ポーカーの要領で、額の前に当てます。2人以上、同じ巫女さんを持っていても仕方ないので、既に持っている巫女さんとは異なるカードを持っているプレイヤを探し、お互いのカードの交換を提案します。合意に至れば、カードを渡しつつ、受け取ったカードを自分の手札とし、再び山札から1枚ドロー、額に当てます。
 これを繰り返し5種類の巫女さんを最初に揃えたプレイヤが勝者です。


 このゲームのポイントは、なんといってもコミュニケーションが制限されることでしょう。
 遊んでいる間、プレイヤは「ア」と「ボ」しか喋ることができないのです。従って、その2つの言葉を駆使して、他プレイヤと交換の交渉を行うわけですが、まあ、カオスです


 慣れてくると、微妙なイントネーションで伝わったりして、これがまた面白いです。
 気づいたら大声を出してしまう、とにかく盛り上がるパーティゲーム。オススメです


なに貰ったか忘れちゃうよね

分かる。ゲーム中に、何度もチェックしちゃった

同じのを貰っちゃったよ

え、知らなかった。そんなことやってたの。そりゃ、駄目だよ。ところで、Youtubeでやったら受けそうじゃない?

受けるかなあ?

なんか、わやくちゃな感じが

撮るなら、全プレイヤの取得しているカードの状況が見えるといいよね

本格的だね

え、だって、そうしないとどこまで進んだか分からなくない?

そうかも……