雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

独立して遊べるシリーズ第3弾『ナショナルエコノミー・グローリー』の感想

f:id:sinden:20190928215704j:plain
 スパ帝国さんによるゲームマーケット2019春の新作『ナショナルエコノミー・グローリー』を遊びました。
 1人から4人で遊ぶことのできるワーカープレイスメントです。


f:id:sinden:20190928215612j:plain


『ナショナルエコノミー』シリーズの第3弾となる作品『グローリー』です。
 このシリーズは、すべて独立しており基本だけでも遊べますし、第2弾の『ナショナルエコノミー・メセナ』だけでも遊べますし、今作『グローリー』だけでも遊べます。
 と言いますか、混ぜて遊ぶことはできないので、それぞれ単体で遊ぶしかありません
『メセナ』に関しては、下記に感想を書いていますので、よろしければ合わせてご覧ください。



 さて、今回の『グローリー』はスチームパンクの世界観ということで、全体的に、鉄! そして科学! なカードが多かったです。
 メカニクス的には賃金のいらないワーカーが雇用できるようになったり、ゲーム中にこまめに勝利点が獲得できるようになったり、新たな要素が加わってきたなという印象です。
 その分、個々のカードの能力は控えめになっていて、高得点を叩き出すには、よりシナジーを意識しなければならないデザインになっていたように思います……って、シナジーが大事なのは、今までのシリーズもそうでしたね。


f:id:sinden:20190928215803j:plain


 今回は4人で遊んでプレイ時間は、ぴったり2時間。
 長考派が多いとこれくらいになっちゃいますかね、さくさくプレイ推奨派だと1時間は容易に切れるでしょう。箱には30~45分とありますしね
 プレイング的には、回転を意識して、けっこうちゃんとカードを出していったのですが、最終的な勝利点は76点で3位でした。1位は91点で、勝利点カードを中心としたカード構成だったので、やっぱり基本やメセナのときに有効だった戦術を繰り返すのではなく、グローリーで新たに実装されたメカニクスを、ちゃんと使っていないと点数に反映されないな……と反省。


f:id:sinden:20190928215940j:plain


 今までのシリーズもそうでしたが、勝ち筋は複数あると思うので、研究が捗るゲームでしょう。
 ワーカープレイスメント好き、中量級好きにオススメしたいです


f:id:sinden:20190928220037j:plain


ナショナルエコノミー・グローリー

ナショナルエコノミー・グローリー


前にも『ナショナルエコノミー』を遊んだけれど、そっちの方が面白かったかな

基本、それとも『メセナ』?

黄色いっぽい箱だった

『メセナ』かな。『メセナ』は、基本と比較してワーカーを抱えても、金に困らない傾向があるから、借金嫌いのぺこらさんが気に入るのは、なんとなく納得。でも、今回も、給料がいらないアンドロイドいたでしょ?

いたいた。何人か雇ったよ

後、バナナのフレーバーテキストが面白かったよね?

気になっちゃったから、ゲーム中に全部、読んじゃったよ

f:id:sinden:20190928220144j:plain