雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

調査隊VSガーディアンIN霧の遺跡『FOGSITE』の感想

f:id:sinden:20191121220248j:plain
 SoLunerGさんのゲームマーケット2019春の新作『FOGSITE』を遊びました。
 1対1~3人で遊ぶ非対称型のボードゲームです。
f:id:sinden:20191121220420j:plain

ちょっと、東西南北が難しいよね

いやいや、プレイヤー側にチップあるでしょ! あれを見ればいいんだよ

あ、あったね。まあ、ともかく上下左右じゃなくて良かったよ

そうね、ガーディアン側と調査隊側とで向かい合って座ることが多いだろうから、上下左右では混乱を招くだろうね

第2版からだとプレイヤー側にボードがつくんでしょ

この間、名古屋で見かけたけれど、あれはプレイアビリティが高くていいね。特に、初めてこのゲームを遊ぶプレイヤーは、得てして外壁の存在を忘れがちと言うか、誤認識することがあるから、そういう問題を、あのボードは自動的に回避していて、デザインの妙だと思う

能力カードの差が激しいよね。強いのと弱いのがあって。けっこう運要素が高いと思う

いや、あれは、ちょうどいいとバランスだと思う。プレイヤー側とガーディアン側とで、力量差があっても、強いカードを引ければ逆転できるし、良い工夫が随所に凝らされているような気がする

分かる

とにかく「楽しい!」という体験が強いゲームだと思う。系統としては、いわゆる『スコットランドヤード』や『ホワイトチャペル』のように、もしくは『惨劇RoopeR』や、ある種の『人狼』もそうかもしれないけれど、GM側と言うか、ゲームをコントロールする側もプレイヤーを翻弄できて楽しいし、プレイヤー側も、またプレイヤー同士で協力して、クリアを目指すという点において楽しい。そして、このゲームの特に良いところは、とにかく短いこと。先に挙げた、どのゲームも、1時間以上はする傾向にあるけれど、『FOGSITE』は30分程度で終わる。実に、素晴らしい

激烈に面白いは?

激烈に面白かった

出たー!