雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

『これはゲームなのか?展 #2』に行ってきました

f:id:sinden:20191208174240j:plain
 12月7日から始まった『これはゲームなのか?展 #2』に行ってきました。
 いくつかゲームにも触れさせていただいたので、会場の様子を少し紹介させてください。

なのか展とは

f:id:sinden:20191208174354j:plain
『これはゲームなのか?展』は、ゲームとゲームではない何かの境界線を狙ったデザイナーによる、ゲームの展示と試遊の企画展です
 前回のも参加させていただいており、そちらの感想は、下記に書いています。

なのか展#2について

f:id:sinden:20191208174320j:plain
 前回との相違について、いちばんの差異は、やはり入場料の有無ではないでしょうか。
 前回は入場無料でしたが、今回は当日券1800円でしたので、ゲームないしアートといったものに関心があり、前向きで、積極性のある方が、参加者に多いなという印象を受けました。
 また、会場の広さが4倍になったことで、空間的に余裕が生まれ、前回よりも多くの作品が、前回よりも広々とした空間に展示されていたのが、好印象でした。
 人が多い、混雑している、狭いといった印象を受ける瞬間も少なく、また、展示を見ていると、すぐにスタッフの方が「説明しましょうか?」や「遊びますか?」と声を掛けてくださったのも、個人的には良かったなと感じました。
 以下、触れたゲームを紹介させてください。

リモートビューイング

f:id:sinden:20191208174444j:plain
 今回の展示において触れたゲームのなかで、いちばん面白く、いちばん好みだったのはASOBI.deptさんの『リモートビューイング』です。
 2人1組となって遊ぶ協力型のゲームで、ゲーム中はお互いに見える情報が異なり、口頭で情報を共有しながらミッションを遂行するという仕組みは、もう完全に好み以外の何物でもなく、ふつうに楽しませていただきました。

宇宙ドミノ2019

f:id:sinden:20191208174512j:plain
 いわゆる倒すドミノです。磁石を用いて、3D化しています。
 これだけの空間があると、綺羅びやかで映えますね。

ゴミを投げるゲーム

f:id:sinden:20191208174545j:plain
 たとえば腹回りの贅肉だとか、膨らむ借金だとか。
 いらないものを紙に書いて、丸めてからゴミ箱に捨てていくゲーム(?)です。椅子に座って、丸めたゴミが、ゴミ箱に入ったら成功。というのはゲーム的だと感じましたが、入らなかったのでしょんぼりしました。

○○の椅子

f:id:sinden:20191208174614j:plain
 会場内の3箇所に設置された椅子。
 プールサイドにある監視台のような椅子に腰掛け、ベルを鳴らすのは楽しかったです。
 楽しかったので、メモ帳に勝手なこと書いてみました。

創造的なゲーム、ゲーム的な創造

f:id:sinden:20191208174645j:plain
 ある種の全体ゲームでしょうか。
 会期が終わったときにどうなるか楽しみです。秋山は黒チームに名乗りを上げました。

城のゲーム

f:id:sinden:20191208174720j:plain
 予約が必要だったり、他の方が遊んでいたりして、すべてのゲームに触れられたわけではありませんが、この『城のゲーム』が、最もなのか展に相応しいと感じました。手放しで称賛したいです。

終わりに

 すべてのゲームに触れたくもあったのですが、少々、体力が足りなくて断念しました。
 ちょっと残念に思っているのは、タイミングが合わず『記憶好感ノ儀式』に参加できなかったことと、物販コーナーに『荒野へ』があることに気がつけなかったことです。
 楽しい場所なので、迷っている方は、是非、12月15日までに! 端から端まで楽しもうとすれば2時間は遊べるので、当日券1800円は安いと思います!