雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

漫画でゲームブック『鏡の中へ』の感想

f:id:sinden:20200214141542j:plain
 おいしいたにしさんのゲームマーケット2019秋の新作、マンガゲームブック『鏡の中へ』を遊びました。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

おいしいたにしさんについて

 おいしいたにしさんは、長くゲームマーケットに参加されていらっしゃるサークルさんで、かつてはボードゲームを手掛けられていましたが、最近はゲームブックや謎解きが多めです。
 直近ですと『悪魔の手形』、『寄生木の夜』、『青の匣』などでしょうか。ゴシックホラー感の絵柄が好みで、すべて買っているのですが、すべて積んでいます。すみません……。

マンガゲームブックについて

 そんな、おいしいたにしさんの新作『鏡の中へ』は、マンガゲームブックというジャンル名が付けられています。
 その名の通り、全編が漫画化されたゲームブックです
 通常のゲームブックと同じように、物語は断片化され、パラグラフで管理されている。各パラグラフは1ページから数ページの漫画で表現されており、ときに明示的に、ときにこっそりと紛れるように数字が記載されているので、その数字を見つけては該当するパラグラフに飛ぶことで物語が進みます。

感想

 プレイ時間は1時間半か2時間ほどだったでしょうか。
 昨年末、旅行で愛媛に行ったのですが、その飛行機のなかで遊び始めて、着陸する前にクリアしました。
 途中、とんでもなく詰まって、時間を無駄に消費しましたが、探索力が高く、3Dダンジョンに慣れていれば、1時間以内のクリアも可能かもしれません。


 物語それ自体は、けっこうおどろおどろしく、不気味だったり残酷だったりするシーンも多いのですが、とにかく主人公が可愛らしいので癒やされますね。
 雰囲気的には『クロックタワー』に近しいかもしれませんね。『クロックタワー』もジェニファーが可愛らしいから、頑張れるところありますしね。
 ホラーはホラーでも、スプラッタな感じではなく、グロいシーンもなく、ホラーがそんなに得意でない方でも楽しめるかもしれません

一緒に遊んだぺこらさんの感想

我々、行き詰まったじゃない? で、あっきー諦めちゃって、ぽんって放り投げてきたじゃない。わたし、がんばって見つけたよ!!

ありがとう、ぺこらさん。ぺこらさんの探索力は、ほんとうに高いと思うよ

イラストが凄かったよー

でも、ちゃんと物語を読み解けば、論理的に導き出せるはずなんだよねー

ここ以外は、全体的に優しい設計で楽しめたよ

良かったと思う。この形式なら、遊びやすいし、もっとシリーズ化してほしい。そうすれば、積まなくて済む(切実

2人でも遊べるしね。ゲームブックが漫画になってるのは新しいよね

……実はFT書房さんが、ゲームブックの漫画版を出してるんだよね。今度のゲームマーケットで買っていい?

いいね!

いぇーい!

終わりに

 と言うわけで『鏡の中へ』の感想でした。
 非常に面白かったので、積んでしまっているおいしいたにしさんの他の作品も、タイミングを見て崩していきたいですね。