雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ジョジョ脱出の持ち帰り謎『ココ・ジャンボ型謎付きボックス』と『謎付きクリアファイル』の感想

f:id:sinden:20200215220156j:plain
 絶賛開催中のジョジョ脱出こと、SCRAPのリアル脱出ゲーム『ジョジョの奇妙な美術館からの脱出』の特典『ココ・ジャンボ型謎付きボックス』と、オリジナルグッズ『謎付きクリアファイル』を遊びました。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ココ・ジャンボ型謎付きボックス

f:id:sinden:20200215220130j:plain

あなたは、ギャング組織パッショーネの幹部の一人。
組織のボスから直接の指令を受け、ある任務を遂行するために、スタンド能力を持つ亀である『ココ・ジャンボ』の中へとやってきた。
ボスからの任務の詳細はココ・ジャンボ内にある金庫の中にしまわれている。
しかし、金庫を開けるためのパスワードは、情報を守るために暗号化されているようだ……。
暗号を解き明かして金庫を開き、重要任務を遂行せよ!

 と言うわけで、原作にも登場する亀ことココ・ジャンボの形をした持ち帰り謎です。
 変わった形の箱に入った持ち帰り謎と言えば『ROOM ZERO』を思い出しますが、あちらが六角形だったのに対し、こちらは八角形です。変わった形をした箱に、変わった形をした問題用紙が入っているわけで、当然、この形である必然性があるのだろうなーと思いながら遊びました。
 プレイ時間は、ざっと50分でした
 通常の前売り券が3400円に対し、特典付きチケットは6200円なので、実質2800円の持ち帰り謎と言えます。やや高いかなとも思いますが、この形の箱は、作るのが大変そうであることに加え、ココ・ジャンボの背中について鍵のキーホルダーが実際についてくることを考えると、わりとリーズナブルなのかなという気もします
 謎の難度もそこそこで楽しかったです。


謎付きクリアファイル

f:id:sinden:20200215220921j:plain
 このブログでは、度々、言及していますがSCRAPの謎付きクリアファイルは、難易度が低めで、ものによっては5分でクリアできてしまいます。なので、コスパを考えて敬遠済みなのですが、今回は、秋山が大好きなジョジョとのコラボであることに加え、そろそろ改善されたかも……という淡い期待を持って全種購入してみました。
 全6作をクリアするのに要した時間は、2時間15分でした!
 割り算すると1作あたり20分強でしょうか。
 謎解きに慣れていない方であれば、もう少し掛かるかもしれませんし、だいぶ良くなった気はします!
 個人的には、ちょっと導線が……とか、丁寧さに欠ける……というのもありますが、酷評するほどではありません。ジョジョ好きで、謎解き好きなら全種買いは大いにありです!

一緒に遊んだぺこらさんの感想

面白いのもあれば、そうでもないのもあったよね

いきなりぶった斬ってきたね

小謎が多くて楽しめたとは思うけれど、多分、ジョジョと関係ないよね

ああ、それは感じたね。最終的に導き出されるラストアンサーがジョジョ風の言葉ではあるけれど、そこに至るまでの小謎が、ジョジョと関係ないというか、フラットだったね

世界観がよく分からなかったね

多分、全体のストーリーや最終的な言葉、謎の傾向をデザインするひとはいるけれど、個々の言葉が導かれる小謎は、別のひとが作っているんじゃないかしら

1ファイル1人担当じゃないの?

そうかも。だとしたら「俺、スケルトンやるから、他の人はやらないでね」みたいな連携は取っていそう

そうだね。クリアファイル謎は、やっていてぜんぜん傾向が違うなーと思って。ところで亀の方は○○だったね

そう言えばそうだった。あれは、ちょっと原作を読み返さないとなあ、って思った。ぼくも、最後に第5部を読んだのは10年以上前だから、若干、自信がない。ぺこらさん、ジョジョ読んでみる?

いい

アニメなら?

見ない

そっか

1話だけならいいよ。1話が面白かったら次を見るよ

だとすると4部かなあ……

終わりに

 繰り返しになりますが、今回の持ち帰り謎は、満足度が高めだったので、比較的オススメできます!

合わせて読みたい

 公演としてのジョジョ脱出の感想は、こちらに書いています。