雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

2人用タイムリープ体験ゲーム『文絵のために2 星見台高校の怪』の感想

f:id:sinden:20200326194004j:plain
 ワンドローさんのゲームマーケット2019秋の新作『文絵のために2 星見台高校の怪』を遊びました。
 デザイナーはカナイセイジさん。タイトルから察せられる通り『文絵のために』の続編です。

前作『文絵のために』について

 前作『文絵のために』は、傑作中の傑作で、2017年に遊んだゲームのなかでも、5本の指に入る、素晴らしい作品だと今でも信じています
 シリーズ第2弾が発表された瞬間に「え、マジで? 買うわー」と思うと同時に、一抹の不安もありました。と言うのも『文絵のために』には、計3つのシナリオが収録されていましたが、最も気に入ったのは、体験の鮮烈さもあったかもしれませんが、1本目のシナリオにして表題作の「文絵のために」だったからです。果たして続編が、原作を越えることなんて出来るのでしょうか……?

極上の体験で、感情を更新するシリーズ第2弾

果たして1作目より面白い2作目なんて存在しうるのだろうか……?


 結論から言うと、まったくの杞憂でした
 いえ、それどころか、予想は、完全に裏切られました
 シリーズ1作目で慣れ親しんだシステムであるにも関わらず、どうすれば、その体験を越えることが出来るのでしょうか?
 ちょっと不思議でならないのですが、敢えて説明をつけるとすれば、それは、カナイセイジさんが優れたゲームデザイナーだから、としか言えないでしょう。
 ええ、『文絵のために2 星見台高校の怪』は、前作『文絵のために』を越えています……!

感想

f:id:sinden:20200326194116j:plain
 このシリーズは、1度遊んでしまうとネタが分かってしまうので、いわゆるネタバレ禁止系の作品と言えるでしょう。
 従って、作品の中身には言及しませんが、ほんとうに素晴らしかったです
 収録されているシナリオは、前作と同じく3本。表題作の「星見台高校の怪」の他、「じれったい2人」と「奇跡への架け橋」です。
 表題作の「星見台高校の怪」からして非常に面白く、充分に良かったのですが、特に良かったのは3本目の「奇跡への架け橋」です。
 これは、
 ほんとうに、
 奇跡。
 それ以上、表現のしようがありません。
 何が起こっているのかを想像し、デザイナーがプレイヤーに何をさせようとしているか、どういう体験をさせようとしているのかを考え、ストーリーに従うように行動したときに見えた、あの奇跡……!
 エンディングは、感動のあまり少し泣きました
 前作が好きな方は、まったく心配ありません、すぐにでも本作をプレイしていただきたいですし、タイムリープ物や、2人用協力ゲームがお好きな方、もっと言うと、ありとあらゆる物語体験が好きな方に、強くオススメします! マジで、てらいなく、傑作です!!

一緒に遊んだぺこらさんの感想

いいね、良かったよ。遊ぶ前から『奇跡への架け橋』は面白そうだなって思ってたの

優れた嗅覚だね

あっきーは何作目が好き?

3番目でしょ! 分かる~

言わせてよ!

でも、終わっちゃったねえ

『文絵のために3』出るらしいよ

え、どこ情報!?

朗読劇のクラウドファウンディングの、リターンのひとつに『3』に出演する権利があったよ

『3』では誰がフィーチャーされるかなあ。設楽先輩かなあ。正博のご飯いっぱい食べられるかなチャレンジとかないかな? 飯! 飯! 部活! みたいな。部活を挟まないとバッドエンドに行っちゃうの

ちょっと、マジで、何を言っているのか、さっぱり分からないけれど、あんまり予想すると、作るカナイさんが大変になっちゃうから言わない方がいいよ

カナイさんなら大丈夫だよ! あ、これはどうかな、100日後に死ぬ文絵

パクりじゃねーか

終わりに

 今さらながら、タイミングが合わなかったこともあり、朗読劇に行けなかったことが悔やまれます。
 再演を強く希望すると共に、『文絵のために3』のリリースをお待ちします!!