雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

リアル謎解きゲームのエッセンスのあるデジタルゲームが遊びたい

 先日、リアル謎解きゲームに関する記事を上げましたが、それ以来、ずっとリアル謎解きゲームについて考えています。
 どうして、こんなに惹かれるのでしょうか?
 閃きによって見えていなかったものが見えるようになる瞬間に快感を覚えていて、その快感が再び得られることを欲しているのでしょうか。それとも、未体験の非日常に憧れて、劇場に通いたくなっているのでしょうか。
 まあ、いいです。
 楽しいうちは、とりあえず楽しいままに楽しんでおこうと思います。

リアル謎解きゲームを自宅でも体感したい

 先日、ミスボドの二次会でグルさんが極限脱出 9時間9人9の扉』『極限脱出ADV 善人シボウデス』『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』が面白かったという話をされていました。
極限脱出 9時間9人9の扉』と言えば、打越鋼太郎がシナリオを担当したことで、秋山の関心をグーッと引きつけ、2009年12月発売後すぐに購入し、年末はコタツでぬくぬくしながら遊んだことを覚えています。
 続編である『極限脱出ADV 善人シボウデス』を購入しなかったのは、単に忙しかったからだと思いますが、今になって関心が再燃してきました。もう、どんなゲームだったか、けっこう忘れてしまいましたが、当時から既に流行していた脱出ゲームをしっかり作ろうというテーマだったとは思います。
 今から遊ぶとなると、せっかくなので『9時間9人9の扉』を再プレイしてから、『善人シボウデス』、そして『ZERO ESCAPE』と続けて遊びたいですね。

極限脱出ADV 善人シボウデス

極限脱出ADV 善人シボウデス

謎解き系ゲームと言えば

 ミスボド二次会では、よーげさんがレイトン教授VS逆転裁判を絶賛されていました。
逆転裁判』と言えば、1作目が激烈に面白くて、『2』、『3』、『4』と続けて遊びましたが、『4』で成歩堂龍一が主人公でなくなったこともあってかなくてか「もういっかな〜」と思い、その後の『5』や『6』はもちろん、『逆転検事』や『大逆転裁判』もスルーしていました。
 で、その関係で『レイトン教授VS逆転裁判』もスルーしていたのですが、実はレイトンシリーズに対する興味はずっと覚えていて、いずれまとめて遊びたいなと思っていたのです。
 と言うか、逆転裁判シリーズが、法廷バトルであり、逆転劇を主軸としているゲームであるのに対しレイトン教授シリーズは、ナゾトキを主軸としているゲームであるらしいので、現在の興味関心の具合から行けば、今さら感は多少ありますがレイトン教授シリーズに触れた方が幸せな気がします。
 よーげさんのお話では『レイトン教授VS逆転裁判』はレイトン教授シリーズの入口にうってつけとのことですが、実際にこれを遊んだ後は、どれを遊ぶのがいいんですかね。やはり1作目の『レイトン教授と不思議な町』なのか、それともWikipediaを見ると4作目の『レイトン教授と魔神の笛』がEpisode1となっているので、物語的にはこれが良さそうですし。『レイトンブラザーズ・ミステリールーム』はiPhoneで遊べるので気軽に始められそうです。
 逆転裁判シリーズで言うところの『逆転裁判123 成歩堂セレクション』みたいなものがあれば、悩まずに済みそうなのですが……。

レイトン教授VS逆転裁判

レイトン教授VS逆転裁判

その他、検索したら出てきたもの

 SCRAPが協力している『リアル脱出ゲーム×ニンテンドー3DS 超破壊計画からの脱出』は面白そうですが、これって全世界同時進行だったらしいじゃないですか。今からでもプレイできるのでしょうか? もう少し調べなくては……
『脱出アドベンチャー 絶望要塞』はどうなのでしょう。デモムービーを見ると確かに謎解き要素もありますが、看守の目をかいくぐって移動するようなパートもあって、わりとアクション要素が多い気がします。求めているものとはちょっと違うという印象です。
 まだ調べきれていませんが『トレジャーリポート』や、傑作『ウィッシュルーム』の続編ラストウィンドウも面白そうですね。
 プレステにもあった廉価シリーズの『SIMPLEシリーズ THE密室からの脱出』は、多分、ストーリーはなく、脱出ゲームをそのまま実装したものかなと予想。ネットで遊べたり、iPhoneアプリの脱出ゲームは、時おり理不尽な謎があって、ちょっとしっくり来ないんですよね。引き出しを開けていると鍵が掛かり、引き出しを閉めるとドアが開けられるようになるガジェットとか、ちょっと、うーん、と思うのです。
428〜封鎖された渋谷で〜』のイシイジロウによるタイムトラベラーズってどうなのでしょう。発売前はけっこう話題になった気がするのですが、逆に発売後にあんまり話を聞かなくて微妙だったのかな……? と思ったり。あ、『428』の方はiPhoneで遊びました。面白かったですね。
 3DSから離れてPSPに行くと、やっぱりダンガンロンパですよね。1作目の『希望の学園と絶望の高校生』はiPhoneで遊んでいますが、『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』は未プレイです。面白いとは思うのですが、残念ながら「今」求めているものとは、ちょっと違うかなと。
 何人ものミステリ作家が関わっているTRICK×LOGIC』マツダさんから借りましたが積んでいます。トリックや犯人が分かっても、それをシステムに納得させるために、推理を積み上げていかないといけないのは苦手です。
 推理系になりますがアナタヲユルサナイ』、『銃声とダイヤモンド』も気になってはいます。
 その一方で『密室のサクリファイス』は内容的には、かなり好みに親しそうな気配はあるのですが、イラストが完全に萌え系なので、若干の不安感があります。

果たして遊びきれるのか……!?

 と言うわけで、自分の中のテンションを高めようと興味を持ったタイトルを挙げていきましたが、果たして遊びきれるのかまったく分からない……と言うか、多分、無理です。
 とりあえずiPhoneで『9時間9人9の扉』と『レイトンブラザーズ・ミステリールーム』をダウンロードして『レイトン教授VS逆転裁判』を買うところから始めようかしら。
 他にオススメあったら教えてください!