雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

SCRAPファンクラブ向け高難易度謎解き『カトリーエイルと月夜の怪物』の感想

f:id:sinden:20190311234208j:plain
 2019年3月7日より始まった、SCRAPによる少年探偵SCRAP団(ファンクラブ会員)向けの限定リアル脱出ゲーム『カトリーエイルと月夜の怪物』を遊んできました。
 本記事では、参加した感想を書いています。ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

概要

 SCRAPによるリアル脱出ゲームは、チケットを購入すれば誰でも参加できるというスタイルですが、今回は少年探偵SCRAP団の団員向けコンテンツ、平たく言うとファンクラブ会員向けのゲームとなります
 と言っても、必ずしも団員でないと遊べないというわけではありません
 リアル脱出ゲームの形式としては、いわゆるホール型。1人から3人でチームを組んでの挑戦となります。現地で参加者同士を組み合わせてチーム化はしてくれず、1人で申し込んだら1人のまま参加することになります。そして1人~3人の内、ひとりでも団員であれば、他は団員でなくとも参加可能です
 尚、開催期間は、だいたい1ヶ月以内と短めですが、東京の他、名古屋、大阪、札幌、福岡、横浜と全国で開催されます。

ストーリー

「ロンドンにオオカミ男あらわる!」
月夜に現れては民家を襲う、正体不明のオオカミ男。
そのニュースにロンドンの街は大混乱に陥っていた。


そんな中、あなたはレイトン教授の娘カトリ―エイル・レイトンが営むレイトン探偵社に新人探偵として採用され、ロンドンへやってきた。
さっそく、記念すべき最初の依頼人があなたとカトリ―の元へ訪れる。
しかし、依頼人から出た一言は衝撃的なものだった。


「オオカミ男を...助けて!」


オオカミ男を助ける理由とは。
そしてオオカミ男の正体とは一体...!?

http://realdgame.jp/ajito/harajuku/2018/12/scraptanteidan2019tokyo.html

 今回は『レイトン ミステリー探偵社~カトリーエイルのナゾトキファイル~』とのコラボということで、レベルファイブによるアドベンチャーゲーム『レイトン』の新シリーズの主人公を務める、レイトン教授の娘であるカトリーエイルが登場します。
 3DS、iOS、Android等で遊べるゲーム『カトリーエイルと大富豪の陰謀』か、アニメ版に触れておけば、カトリーエイルの可愛らしくも破天荒なキャラクタが理解できて良いかもしれません。

難易度

f:id:sinden:20190311234307j:plain

リアル脱出ゲーム史上 最多のナゾ!

http://scraptanteidan.com/s/n32/page/fc_realdgtour?ima=2523

 団員向けと言うこともあり、とにかく物量は果てしなく多いです。
 脱出率も低めだと感じました。秋山が参加したのは、始まって3日目の土曜日、朝一番の公演でしたが、脱出成功者は7組でした。何チームが参加していたかは不明ですが、ざっと20組以上はいるように見受けられ、30%は切っているのではないでしょうか。
 通常、SCRAPの公演は、開催直後は、謎解き猛者が集まるので、脱出率は高めになりがちで、そのうち10%前後に落ち着いてくるのですが、開始直後の、このタイミングで18%となると、最終的には5%前後に着地……かもしれません。
 難易度的には、そんな感じです。

形式

f:id:sinden:20190311234402j:plain

Q.どんなイベントなんですか?
A.歩き回って会場内を探索する必要があります。履き慣れた歩きやすい靴、動きやすい服装でお越しください。

http://scraptanteidan.com/s/n32/page/fc_realdgtour_faq?ima=2523

 通常のホール型と異なり、椅子とテーブルがあり、それを囲むのではなく、自由に歩き回り、ときには空いているスペースをてきとうに見つけ、てきとうに座りこみ、他プレイヤと場所を譲り合いながら謎を解く。
 そんな状況です。
 スカートは非推奨、ハイヒールも非推奨です。秋山は、万全を期すためにクロークを利用して、スピードの向上に努めました(500円)。

ポイントシステム「ピカラット」

 今回公演では、ストーリーの本筋に関係ない小謎が大量に……ほんとうに、大量にあります。
 小謎ごとに難易度は異なり、いわゆる単体で解ける1枚謎から、探索要素を含むものまで種類があり、難しければ難しいほど、ピカラットというポイントが稼げるというシステムでした。
 もちろん、公演のメインはこれではないので、どちらかと言うと役割分担した結果、手が空いたタイミングや、大謎を解き終えて脱出成功した後に着手するのが良いでしょう。
 感覚的には、リアル脱出ゲームをやりながら謎研も受けることになった。そんな感じでした

感想

 さて、全体の感想ですが……シンプルにまとめると、とても良かった! です
 正統進化と言うか、変なてらいがないと言うか、真っ当に難しいのです
 SCRAPの謎解きしか遊ばない方には、ピンと来ないかもしれませんが、各謎制作団体には、団体ごとの特色があり、特長があります。
 SCRAPの場合は、やはり最大手と言うこともあり、最も多くの参加者の満足度を、最大まで高めることを目指しているので、熱心な謎解きファンには物足りないときがあります。また、最近はコラボ作が多く、コラボ要素が強く謎解き度は低め……そんな公演もあります。
 その観点から行くと、今回は、カトリーエイルコラボではありましたが、随所に古き良きSCRAP感があって、謎を解きながら「これだよ! これ! こういうのを待ってたんだよ……!」と内心で喝采でした
 団員向けコンテンツとなりますが、月額300円でも参加権は得られるので、本気のSCRAPを体感してみたい方は、ぜひ……!

探偵認定証

f:id:sinden:20190311234506j:plain
 こちらは終了時に貰える探偵認定証。
 今回は340ピカラット獲得で「依頼が絶えない名探偵」でした。
 実は、システムを勘違いしていて、見る必要のないヒントを、いくつか見てしまったりしていて、損しました。見ていなかったら390ピカラットだったので、うっかり50も捨ててしまいました。てへぺろ。

オリジナルグッズ

f:id:sinden:20190311234604j:plain
 今回も、山ほどオリジナルグッズがありました。
 通常は謎解きクリアファイルと公演パンフレットに謎に含まれているくらいですが、今回は成功・失敗ステッカーを筆頭にすべてのグッズに謎が仕込まれているという凝りようです。


f:id:sinden:20190311234658j:plain


 ここのところ、SCRAPのクリアファイル謎は、クォリティがちょっと……だったので敬遠していましたが、今回は足立さんが担当ということで意気揚々と購入しました。
 遊び終えたら、またレポートします。

ナゾトキトランク

f:id:sinden:20190311234734j:plain
 そして、こちらは、ナゾトキトランク付きチームチケットを購入することで貰える、謎と物語が詰まったナゾトキトランク……です!
 持ち帰り謎を買う感覚で買ったのですが、けっこう物語的にも充実しているみたいなので、今から遊ぶのが楽しみです。こちらも遊び終えたらレポートします。

黄金のピンバッジ

f:id:sinden:20190311235214j:plain
 そしてそして、こちらは先行特典付き販売期間中に予約したひとが現地で貰うことができた、黄金のピンバッジです。
 けっこう質感も良くて、裏側もしっかり作られていて豪華です。これくらいシンプルだと、鞄にもさりげなくつけられて良いですね。

【3月24日追記】公演パンフレット

f:id:sinden:20190324233425j:plain
「これは売れる……!」と味をしめたのか、最近の公演には必ずメイキングやインタビューなどで構成されるパンフレットを、オリジナルグッズとして販売していますが、今回のパンフレットは、良かったです。
 と言うのも、公演の最中は忙しすぎて、あんまり触れられなかった小謎が網羅されているのです。公演の振り返りにも最適ですし、「解き方は分かった。でも、こんなの無理!!」みたいな難易度の謎に、じっくりと腰を据えて向き合うことが出来たのは良かったです。

一緒に遊んだぺこらさんのコメント

私、犬が好きなんだよね

シャーロのこと?

そう。けっこう映像が多くて、アニメを観ているみたいで面白かったよ

まあ、アニメとのコラボだからね。最近のSCRAPは多いよね。最近だと『人気よしもと芸人殺人事件』も逆転裁判アニメのシーンを使ってたし

エンディングで、カトリーエイル、謎のポーズしてたよね

シャフ度? 確かに、してたね。ゲームでは、ぴょこぴょこしてるだけだったけど、アニメだとあんなに跳ねたり、回ったりしてるんだね。ところで、謎に関しては?

細かいところまで謎が散りばめられていて、団員を楽しませようという気持ちが見えて良かったと思う

なるほどね。細かいところと言えば、フォトスポットで写真を撮るときに、○○に○○○があったのよ。なんだろう? って思って良く見たら、あれ、○○○○○○○なんだね。原作ファンは、ちょっと小躍りする仕掛けだよ

終わりに

 長々と書いてしまいましたが、結論としては、良い公演でした!
 真っ正面からオススメできる素晴らしい公演なので、謎解きが好きなひとで「もう、SCRAP」はいいかなと思っている方も、ぜひ遊んでみてください。

合わせて読みたい

 SCRAPが手がけた謎解きイベントやグッズの感想を、こちらのカテゴリでまとめています。よろしければ、どうぞ。