雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

『ダークソウル:ボードゲーム』が届いたので開けてみた

f:id:sinden:20170814190230j:plain
 土曜日には不在通知が届いていたのですが、なかなか自宅にいる時間が少なくて受け取りに時間を要しました。
 と言うわけでKickstarterで大成功を収めた『ダークソウル:ボードゲーム』がようやく届きました!

裏面

f:id:sinden:20170814190257j:plain
 Prepare to Die!
 直訳すると「死に備えよ!」となりますが、意訳すると「死の覚悟は出来ているか!」ですかね。
 元々のゲームが死にゲーなので、ボードゲームでは、それがどのように再現されているのか気になります。

箱を開けてみると……、

f:id:sinden:20170814190337j:plain
 もう死んだ!
 これは予想外!

YOU DIEDを跳ね除けると、

f:id:sinden:20170814190412j:plain
 こんな感じです。
 フィギュアが多く含まれるゲームなので、けっこう厳重に梱包されています。

出してみる

f:id:sinden:20170814190524j:plain
 とりあえず、箱から出してみました。
 中央に見えるのが分厚いルールブック、その下に扇状に広げたのがゲームフィールドとなるボードやチップやタイルの数々。
 左上にあるのがカード。
 真上と右上にあるのがフィギュアが入っている小箱ですね。

人間コマ

f:id:sinden:20170814190641j:plain
 まずは小さい方の箱から開けてみました。
 これはプレイヤの分身となったり、雑魚ですかね。

ボスのアップ

f:id:sinden:20170814190945j:plain
 いちばんカッコよかったボスを1体、アップで撮影。
 こんな感じです、迫力ありますね~

終わりに

 ひとしきり満足したところで、そっと仕舞いました。
 Kickstarterをやっていた頃は、ちょうど『デモンズソウル』を遊んでいたので、テンションが上がっていましたが、結局『デモンズソウル』をクリアできず、『ダークソウル』も買ってないので、正直、遊ぶかどうかは……と言うところです。
 国内でも買った方が多いでしょうし、和訳ルールも早々に共有されそうですし、彩色したコマで遊ばせて貰う機会も、主張すれば容易に得られそうです。
 なので、秋山の『ダークソウル』は稼働の見込みがなく、届いたは良いけれど、手放しても良いかなと思ったり思わなかったり……いったい、何のためにキックしたんでしょうね。あはは。