雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

権力を得よう、魔物の力を借りてでも『大臣』遊びました

f:id:sinden:20180114175018j:plain
 四等星さんのゲームマーケット2017秋の新作『大臣』を遊びました。
 2人専用の対戦型ゲームです。
 こう言ってはなんですが、あまり魅力を感じられない、売れなさそうなパッケージイラストですが、秋山は好きです。


 さて、ゲームとしては2人で遊んだときの『あやつり人形』に近しい感じでしょうか。
 プレイヤは手番が来たら、7種類のアクションの中から秘密裏に選びます。選択後、もう片方のプレイヤは、手番プレイやが選んだであろうアクションを当てにかかります。
 見事、的中させることができれば、そのアクションの効果は最低となりますが、的中させるのに時間が掛かった場合は、その分だけアクションの効果が大きくなっていきます。
 当てられてしまい、最低の効果となるけれどそのアクションを実行したいか、あるいは当てられにくくより高い効果が得られそうだから、敢えて今はやる必要のないアクションを選ぶかが悩ましいです。


f:id:sinden:20180114184619j:plain


 インスト15分、プレイ時間1時間10分と、それなりの時間でしたが、けっこう楽しい時間を過ごすことができました。
 今回はゲーム終了カードである「国家結合」が出る直前、悪魔の猛攻を受け評判が尽きてしまい敗北しましたが、もう1手番あれば勝ち逃げられていたので、惜しいところでした。


f:id:sinden:20180114191436j:plain


 ゲームとしては、けっこう面白く、発想も良いな! と感じたのですが、いかんせんこの長さになると、細かい調整が気になってしまいますね。
 たとえば序盤は、リソースが足りないので、ぜんぜんカードが獲得できないのですが、どんどん落ちていくので両者ともに買えないまま消えていくカードを見ると切ないですし、拡大再生産の要素が控え目なので、なんとなく冗長なきらいがあります。
 ただ、こういう読み合いが好きな方は面白くプレイできると思いますし、なにより雰囲気が良いです。『ファイナルファンタジータクティクス』的な? 権力を得るためならば悪魔の力だって借りる、というのが良い感じです。