雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

オムニバスノベルゲーム『PNOS』のご紹介、その1

 2011年12月31日、冬コミ3日目、東プ51a「雲上回廊」にて、最新作『PNOS』を頒布致します。
 と、言うわけで公式ページを更新しました。ハラさんの手による、力の入ったパッケージイラストがお出迎えします。
PNOS

読み方は?

 ぴーのす、と読みます。
 ですが、ぴーえぬおーえす、でも構いません。

『PNOS』って?

『PNOS』は2009年5月のCOMITIA 88において「せかいを物語るシステム」というキャッチフレーズでリリースされた作品です。その後『PNOS ver.2』『PNOS ver.3』『PNOS ver.4』と3回に渡り、バージョンアップの名のもとにシナリオを追加していきましたが、この冬にリリースする『PNOS』をもって完成となります。
 最新の『PNOS』は過去のバージョンに収録された内容を、すべて含んでおりますので、今までの作品を集めていただく必要はありません。なお、総分量としては、だいたい文庫本5冊程度になります。

オムニバスノベルゲームについて

『PNOS』は全12のシナリオより構成されており、それぞれのシナリオにおける主人公は共通していません。シナリオによっては同じ場面を、異なる人物の視点から描き出されており、群像劇的な面白さがあると思います
 例えば、ある人物がバーのカウンタ席で、ひとりで飲んでいる場面。客である彼にとっては、その場の登場人物は自分とバーテンの2人しかいませんが、他のシナリオで、バーテンが語り手となるとき、彼の視界には何人も客が見えていたりします。そして言うまでもなく。テーブル席に座っている他の客にもまた、別の物語があるのです。

中の人について

 秋山真琴、1984年生まれ。東京都在住。
 1999年にホームページを立ち上げて、小説の発表を始めました。『PNOS』は、小説を書き始めてから10年間の集大成にして、次の10年間を代表する作品にしようと思って書きました。よろしくお願い致します。