雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

タロットカードとおとぎ話でソリティア『タロットストーリア』の感想

f:id:sinden:20181216112605j:plain
 こっち屋さんのゲームマーケット2015秋の作品『タロットストーリア』を遊びました。
 基本は1人用のカードゲームですが、2人プレイにも対応しています。


 激烈に面白かったですね
 何度も遊び、1人プレイも2人プレイも堪能しました。
 特に2人で遊んだときの方が楽しいですね。高得点が取れるか取れないかの瀬戸際のときに、ファインプレーに成功できると、よっしゃ! という気分になります。


f:id:sinden:20181216112646j:plain


 ルールはかんたん、2枚の手札から片方の1枚の場に出すこと。
 カードは向かって左手がより少ない数字、向かって右手がより大きな数字になるように配置する必要があり、矛盾をきたしてしまうと得点計算時に該当カードはひっくり返すことになり、得点計算の対象から外れることになります。
 なるべく高得点を得るには、最初から最後まで、矛盾なくきちんとカードを配置する必要があります。


 もちろん手札運というのはあって、致命的に運に恵まれなければ、正直どうしようもない瞬間はあります。まあ、そういうときは、さくっと諦めて、次のプレイに託すしかありません。
 しかし、よっぽど運が悪いときを除けば、まあまあギリギリのプレイ感を楽しむことができます。
「あー、これ駄目かも! 失敗した!!」というときも、お互いの手札が噛み合えば、なんとかリカバリできたりして、どちらかと言うとそういうときの方が盛り上がります。

f:id:sinden:20181216112745j:plain


 アートワークが可愛らしいのもポイントが高いですね
『赤ずきん』や『幸せの王子』などのおとぎ話が、タロットカードに沿ってイラスト化されているのですが、とても愛らしく眺めているだけで、けっこう幸せな気分になれます。
 それが故に、カードを上手いこと配置できず、ゲーム終了時、ひっくり返ってしまったカードが何枚かあったりすると「次こそ成功したい!!」という思いが芽生えてきます。


 基本的にはソリティアですので、3人以上の多人数で遊べるゲームを求めている方には不向きですが、逆に1人でのんびり遊びたいだとか、家族や恋人とまったり楽しみたい方には、とてもオススメです


これ、イラストが可愛いでしょ? だから、予約して買ったの! でも、どこかのゲーム会で失くしちゃったと思ってしょんぼりしてたの

え、遊んだじゃん

そう! 発掘できたの!

家で失くしてただけじゃん。無事に見つかって良かったね