雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

協力してグラスタワーを作ろう『クーペレイション』の感想


f:id:sinden:20190207121923j:plain
 フダコマゲームズさんのゲームマーケット2018秋の新作『クーペレイション』を遊びました。
 2人から4人で遊べる協力ゲームです。


 先に謝っておきます。
 相談禁止というルールを知らず、番号の共有はしませんでしたが、置き場所はけっこう相談して遊んでしまいました。余裕でクリアしました。それはそうですよねー


f:id:sinden:20190207122944j:plain


 さて、気を取り直してゲームについて。
 相談ありで遊んだのであれですが、非常に面白かったです。
 写真のようにカードを配置していって、最終的に25のカードをてっぺんに配置できれば成功で全員勝利なのですが、失敗すれば全員敗北という協力型あるあるです。
 カードは左から右に昇順になるように並べる必要があり、縦に伸ばすときは、足元にあるカードの間になる必要があります。


 最下段には7枚のカードが並ぶことになるので、できれば左端に1、右端に50を置いて、等間隔にカードを並べていきたいところですが、もちろん、そこは手札運があるので、うまいこといきません。
 さらに、相談禁止のルールがありますからね。
 軽い気持ちで2や49のカードを出したりすると、誰かの50が死んでしまいます。


f:id:sinden:20190207123016j:plain


 出す場所がまったくなくなって、死んだカードが無価値かというと、実は、そうでもありません。
 場にはリザーブのカードもあって、足し算もしくは引き算で、同じ数字を導き出すことができれば、そのリザーブのカードを手札に入れて使うことができるのです。たとえば、1と2を捨てて3をゲットだとか、30と20を捨てて10をゲットみたいな。
 このリザーブを上手いこと駆使して、ハンドマネジメントするのが勝利の秘訣でしょう。


 いずれ相談禁止のルールをしっかり入れて再プレイしたいですね。
『ザ・ゲーム』が好きなひとは、きっと楽しめることでしょう。


相談禁止で遊んだらどうなんだろう。『ザ・マインド』みたいになるのかなあ?

『ザ・ゲーム』じゃなくて?

『ザ・ゲーム』は、ちょっと相談できるじゃない。ぜんぜん相談できないってことは『ザ・マインド』みたいになるんじゃないかなあ

なるほどねえ