雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

2018年に観て面白かった映画ベスト5


f:id:sinden:20190122193131j:plain
 今日は、2018年に観て面白かった映画ベスト5です。
 2018年は、自分にしては、けっこう映画を観た気がしています。

さよならの朝に約束の花をかざろう

 1位は、悩みましたが、やはり圧倒的に感動して泣いた作品は外せないと考え、岡田麿里監督による『さよならの朝に約束の花をかざろう』です。
 と言うか、ずるい作品ですよねえ。不老長寿の少女と人間の疑似家族物が泣けないわけありません。これらのキーワードにピンと来るひとであれば、百パーセント泣けます、傑作中の傑作でQEDです。

カメラを止めるな!

 大きく話題を読んだ作品であることは知っていましたが、玄人向けの作品と言いますか、古くからの映画ファンだけが楽しめる作品だと思いこんで食わず嫌いしていました。
 いやあ、良かったですね。「1回、観たら、続けてもう1回、観たくなりますよ」と言われて「そんなことありうるだろうか? 1回観たら充分でしょうに」と思っていましたが、2回、観てしまいました。負けた!

フローズン・タイム

 少し前の作品ですが、オススメされた観ました。時間を停止する能力を得た主人公が、眠れない夜を過ごすなか、あれやこれやする話。ちょっと後ろ向きで暗い感じでしたが、それが、また良い感じでしたね。
 多くの時間物は、エンターテイメントな方向に振りがちですが、これは、もっと内省的なと言うか、文学的な趣でした。

仮面ライダー平成ジェネレーションズForever

 まさか、自分が特撮の映画を観に行くことになるとは……ですね。
 この年になって仮面ライダーにはまり、さらには自宅でひとり番組を観るだけに飽き足らず、映画館にまで足を運ぶことになるとは……ほんとうに、驚きです。でも、とても良かったです! 変に、見栄を張ってがまんせず、ネタバレを受ける前に、さっさと観に行って、ほんとうに良かったです。

名探偵コナン ゼロの執行人

 いや、ふつうに良かったです。
 名探偵コナンの劇場版は、一昨年にまとめてすべて観ました、今のところ全作視聴していますが、その中でも、かなり面白い部類に入るように思います。
 おそらく脚本を担当した櫻井武晴が、入り組んだを人間模様、陰謀、警察組織の複雑さを得意としているからでしょう。コナン好き、安室さん好きのみならず、『相棒』好きな方も観られると思います。

終わりに

 と言うわけで、個人的な昨年のベスト5でした。
 今年も新旧いろいろと観ていこうと思いますので、オススメありましたらお教えください。