雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

早口言葉、言えるかな『トマトマト』の感想


f:id:sinden:20190202124718j:plain
 オインクゲームズさんのゲームマーケット2018秋の新作『トマトマト』を遊びました。
 3人から6人まで遊べるパーティゲームです。


 ルールは、果てしなくシンプルです
 手番が来たら、山札からカードをめくり、できあがった言葉を読み上げるだけ。わーお、シンプルです!
 カードは5種類、トマト、マト、マ、ト、ポテト、です。
 カードは累積していって、最初は「トマト」くらいだとしても、2人目で「トマトマト」、3人目で「トマトマトトマト」と、どんどん唱える言葉が増えていきます。これを、つっかえることなく早口でこなさなければならないので、カードが増えれば増えるだけ難しくなっていきます。
 さらに、カードのなかには、Uターンマークが描かれたものもあり、そのカードが場に出たターンにおいては、カードを逆から順番に読み上げることになり、難易度が倍増します。


f:id:sinden:20190202125253j:plain


 カードが累積していくと、当然、難易度は上がっていきますし、けっこう集中力を要するので、いずれ誰かが失敗する瞬間が訪れます。
 うまいこと読み上げることができなかったら、そこで1回、ゲームが中断します。
 失敗したプレイヤ以外のプレイヤは全員「いっせーのーせ」で欲しいタイルを指差し、バッティングしなければ獲得。
 その後、連続して同じタイルがあれば、1枚になるように積み重ねて、列を圧縮したうえでゲーム再開です。
 こうして、山札が枯れるまで遊んでいって、最終的に獲得したタイルで「トマト」という言葉を、もっとも多く作れたプレイヤが勝利します。


f:id:sinden:20190202125628j:plain


 さっくりインストを終えて、即座に遊び始められる手軽さが最高ですね。
 やることも早口言葉なので、これといったスキルを求められることもありませんし。誰とでもかんたんに遊べるルールなので、正月、実家に帰った際に妹と遊びました
 わいわいきゃーきゃー、楽しく盛り上がりました。


難しかったよ、なかなか言えないんだよね

1回、失敗しちゃうと緊張感がとけて、立て続けに失敗しちゃうよね

分かる。欲しいのを指差すんだけど、バッティングして取れなかったりするのが楽しい。「ト」はいくらあっても邪魔にならからいい、難しいのは「マト」だね。邪魔になるときがある。まあ「トマト」が取れれば良いんだけど

「トマト」は点数に直結するから、バッティングを恐れて遠慮して「ト」に行って、バッティングすることとかあるよね。うん、盛り上がる。良いゲームだ