雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

もっとも多くの宝を手に入れるのは愚か者か?『愚者の棺』の感想


f:id:sinden:20190227080221j:plain
 Polygonotes(ポリゴノーツ)さんのゲームマーケット2018秋の新作『愚者の棺』を遊びました。
 2人から6人で遊べるカードゲームです。


 ポリゴノーツさんの、ライトに楽しめるパーティ要素の強いカードゲーム。いつもと同じ感じです。
 太陽もぺかぺか輝いており世界観は同一、懐かしの武器やアイテムが、王墓の棺に封印された宝という形で登場するので、ポリゴノーツさんのゲームを追っているファン的には嬉しい仕掛けがいっぱいです。


f:id:sinden:20190227080312j:plain


 ゲームとしては、ある種のチキンレースでしょうか。
 山札からめくられるカードを予想して、獲得したいカードを開示したうえで、カードに記載された数分のカードを山からめくっていきます。そして、開示したカードと同じ色が出ることを祈ります。見事、同じカードが引けたら獲得できて、引けなければ放出。これといって複雑な要素はありません。


f:id:sinden:20190227080449j:plain


 敢えて言えば、手番操作でしょうか。
 同じ色のカードが4枚ならぶと、固有の「いたずら」を発動させることができ、ときにゲームを有利に運ばせることができます。いつ、どのタイミングで「いたずら」を発生させるかが、ゲーム的にはポイントになりますが、結局はめくり運次第な気もします。


 さっくりと楽しめるパーティゲームを探している方にオススメです


このステンドグラス風のシリーズ、長く続いてるよねえ。いつも統一感のあるカードデザインを見ると、すごいなあって思う。でも、ルールは……

ぼくはね『星竜の冠』は好きだったよ

お姫様が食べられるやつ?

それは『竜姫の咎』だよ

見た目が似てるから、どれがどれだったか、ちょっと忘れちゃうんだよね