雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

2人用対戦カードゲーム『Unlimited Parties』の感想

f:id:sinden:20190501190308j:plain
 C.G.P.さんのゲームマーケット2019大阪の新作『Unlimited Parties』を遊びました。
 2人用の対戦型カードゲームです。


 C.G.P.さんは立命館大学のCG・ゲーム制作サークルとのことですが、2019年3月末をもって同名称での活動は終了、現在はRits Game Studioという名称の様子です。
 ゲーム制作サークルという活動内容自体に変更はなさそうですが、アナログよりデジタルに寄っている様子です。


f:id:sinden:20190501190400j:plain


 前置きはこれくらいにしておいて、ゲームについて。
 いわゆる一般的なTCGと同様、お互いに自分のターンが来たら手札からカードをプレイして、自分の場に布陣した上で、相手を殴る。これを繰り返していきます。
 特徴的なところとしては、各カードには2種類の異なる能力を持っているということ。単体で使用すれば、ソロ能力が発動し、3枚セットにして組み合わせて使用すれば、パーティ能力を発動させることができるのです。


 ソロ能力とパーティ能力の使い分けが、ゲームを左右する、といったところでしょうか。
 上手いこと、相手が出したゲームと自分の手札が噛み合えば、寝返らせることもできたりして、面白いシステムだなと感じました。
 様々な2人用対戦カードゲームを試してみたい方にオススメです。