雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

タイルをつなげ言葉を作る『ワードミノ』の感想

f:id:sinden:20190501113141j:plain
 ゲームNOWAさんのゲームマーケット2019大阪の新作『ワードミノ』を遊びました。
 2人から6人まで遊べるワード系のゲームです。


 いわゆる、もじぴったん的なゲームです
 ドミノ型の文字タイルを場に出していって、他のタイルと接続し、ひとつづきの文字列を作り出すことができれば、その長さや個数に応じて得点が入手できます。
 得点を積み重ねて20点以上を獲得するか、7文字以上の言葉を作り出すことができれば勝利します。


f:id:sinden:20190501113227j:plain


 インストもそこそこに、
「まあ、やってみましょう」
 と、遊び始めたら、いやいや、なかなかどうして、ぜんぜん言葉が思い浮かばないんですよね!
 最低限、3文字は必要なので、とりあえず「いざとなったら、これを出して3文字分の点数だけは確定させよう」と滑り止め案を用意してから、4文字以上の言葉を考えるのですが、なかなか思いつきません。


f:id:sinden:20190501113311j:plain


 タイルがドミノ型になっていて、ひとつのタイルに文字が2つあるというのが、実に良い制限になっているのですよね
 あれこれ考えるのですが、最終的に、なにひとつ思いつかず、当初に考えていた3文字の案を泣く泣く採用したりします。


f:id:sinden:20190501113339j:plain


 3人で遊び、ゲームが終了したところ。
 20点がゲーム終了条件になるので、19で着地して最後、華麗にゴールを決めようと思ったら、最終手番だった赤プレイヤに颯爽とゴールを決められ、挽回の機会もなくゲーム終了。あっさり負けました……。


 ジャンルを指定する拡張ルールや、リアルタイムルールなどもあり、様々なルールを入れつつ、何度も楽しむことができます

けっこう好きだったよ

ぺこらさん、勝ちましたね

たまたまだよ。点数計算が良かったと思う。2つの言葉以上ができても、2つ目の点数は低めに抑えられているから、ちょっと苦手なひとでも長い文字が作れられれば点数が入るし、良いのでは

ワード系のゲームって、人によって向き不向きがあるから、不向きなひとでも楽しめるデザインが工夫されていたと思う

私、苦手な方だけど、勝てたよ。それに、子どもと遊ぶときのルールや、もっと難しいルールもあって、何度も遊べていいよね