雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

川崎のエヴァ脱出『見えない使徒からの脱出』の感想

f:id:sinden:20190803120736j:plain
 7月29日から9月30日までラゾーナ川崎プラザにて開催される、SCRAPによる周遊型のリアル脱出ゲーム『見えない使徒からの脱出』を初日に遊んできました。
 遊んだときの感想や、参加にあたっての注意点を書くことにします。ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

イベント概要

f:id:sinden:20190803120929j:plain
 時間制限や人数制限などなく、自分のペースで自由に遊ぶことができる、いわゆる周遊型のリアル脱出ゲームです
 ラゾーナ4階にあるナムコの店舗にてキットを購入したらゲームスタート。後は、ラゾーナ内を歩き回りながら謎を解き、最終解答を導き出した後に店舗に戻ってくると、クリア特典を貰うことができます。
 ストーリーを進めるのにあたってLINEを使用するので、インターネットに接続できるスマートフォンやタブレットは必須になります。また、ミサトさんや綾波レイ、惣流・アスカ・ラングレー……ではなく、式波・アスカ・ラングレーの新録ボイスを聞くために、イヤホンやヘッドホンの用意があると良いでしょう(ボイスを聞かずに、台詞を読むだけもできます)
 探索エリアは、ほとんどが施設内ですが、屋外に出ることもあるので、熱中症対策は万全にしましょう。

お得に遊ぶ方法

f:id:sinden:20190803120959j:plain
 謎解きキットの購入ですが、チケット制となります。
 受付横に券売機が設置されているので、現金を投入し、チケットを購入しましょう。
 謎解きだけを遊びたい方は1800円ですが、VRゲームの『エヴァンゲリオンVR THE 魂の座:暴走』も遊んでみたい方は、セットで購入すると300円ほど安くなるのでお得です

ストーリー

第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」。
別居していた父、碇ゲンドウから突然呼び出されたあなたは、
エヴァンゲリオン初号機のパイロットとなり、使徒と戦うよう命じられる。
あなたと同じくエヴァンゲリオンのパイロットである綾波レイ、式波・アスカ・ラングレーとともに
出撃準備を進める中、度々警報が流れ、使徒の出現が知らされるも、その姿はどこにも見当たらない。
司令官である葛城ミサトは3人に対し警告する。
「今回の使徒は、目視することができないの。でも、皆で連携を取りながら、作戦を進められれば勝機はあるわ!」
あなたはレイ、アスカと通信をしながら作戦を進め、
見えない敵を相手に、勝利をつかむことができるのだろうか…。

https://realdgame.jp/eva2019/

 ストーリーを読んでいただければ分かる通り、プレイヤである「あなた」は、碇ゲンドウの息子。
 つまり! 碇シンジが存在せず、「あなた」が存在する世界線です。「あなた」がエヴァ初号機のパイロットになるのです!
 エヴァ第1話よろしく、巻き込まれ型ヒーローとして、エヴァに搭乗し、LINE越しにミサトさんの指示を受けつつ、他のパイロットと協力し、第3新東京市を歩き回り、見えない使徒を倒すことがゲームの目標になります。

難易度/プレイ時間

 難易度的には、かなり低めです
 ノーヒントでプレイ時間は50分
 タイムアタックを心がけていたわけではないので、かなりのんびり進行かつ、ラゾーナに慣れてなくいくらか迷ったりして、それでも50分です。本気でやれば30分でのクリアも不可能ではないでしょう。
 逆に謎解きに慣れていない方、録りおろしのボイスもしっかりと聞いて堪能したい方は、1時間半から2時間ほどを見込んでおけば充分でしょう

感想

 上述の通り、難易度は控えめで、1時間も掛からずに終わってしまったので、少し拍子抜けでした。
 キットの販売は19時まで、回答受付は20時までということで「最悪、翌日に持ち越すことになるかも」と危惧していましたが、まったくの杞憂で、なんなら終わった後に、サーティーワンアイスクリームでアイスを食べたり、クレーンゲームで遊んだりする余裕までありました。
 とは言え、逆に言えば、仕事終わりに、ちょっと立ち寄って、さくっと遊ぶという意味では、ぴったりかもしれません。また、普段は謎解きを遊ばず、でもエヴァは好きという方が、適切に遊べるちょうどいいあんばいの難易度と言えるかもしれません

一緒に遊んだぺこらさんの感想

ラゾーナ、初めて行ったんだけど、あそこは良い場所だね! 芝生があって、皆なんかグデーってしてて、子どももぴょんぴょんしてて。回ってるだけで楽しくなってしまったよ。美味しそうなレストランもいっぱいあって、周遊するにはうってつけだね

そうだったんだ。川崎と言えば、ぼくのなかではラゾーナで過ごす時間が長かったけれど、2人で行ったときはチネチッタに行くことの方が多かったかもね

謎解き自体については……ライトだったね!

そうだね

終わりに

 遊び終えた後「昨日のカレー食べなきゃ」と早々に帰路についてしまいましたが、同じ川崎にあるウェアハウス川崎で、NAZO×NAZO劇団さんの『九龍城極秘計画』が7月19日から9月29日にかけて開催されていたことを、途中で思い出しました。
 謎解き好きな方は、ハシゴの予定を組まれると良いかもしれません。