雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

アクセス解析の結果をご紹介(2019年総括)

f:id:sinden:20200103232338j:plain
 毎月、ピックアップと称して、前月のアクセス解析の結果を紹介していますが、今回は2019年の振り返りとして、丸1年というタームで紹介させていただければと思います
 また、普段は、よくアクセスされた記事の紹介だけですが、今回は、もう少し踏み込んだところもお見せできればと思います。アクセスランキングベスト10も紹介していますので、人気記事だけチェックしたいという方もどうぞ。

記事数

 2019年に書いた記事の総数は524エントリとなりました。
 365で割ってみると、1日あたりの平均は1.43エントリとなります。今年は途中から毎日更新は止めましたが、2回以上更新している日がそこそこあることから、こういった数字になっています。
 また、雲上四季は、はてなブログの有料版を用いていますが、今日現在の読者数は83名となります。ここ1年で37名が新たに購読を始めてくださったことになります。いつも、ご愛読いただき、ありがとうございます。

アクセス概要

 まずは、PV数から。
 下記の通りです。
年間PV:約420,000
1日の平均PV:1,100強


 ユーザ分類は、下記の通りです。
・新規訪問:85%
・再訪問:15%
 圧倒的に新規ユーザが多いですね!
 これからもせっせと記事を書いていく所存ですが、もっと追っていただけると嬉しいな! と思います!!


 国別アクセスは、下記の通りです。
・国内:97.3%
・その他:2.7%
 相変わらず圧倒的に日本からのアクセスが過半数ですが、2019年は米国からのアクセスがちょっとだけ増えました。


 OS別アクセスは、下記の通りです。
・iOS:50.5%
・AndroidOSが29.2%
・Windowsが17.1%
 残りはその他です。相変わらず8割近くの方がモバイルから、残り2割の方がPC環境からといった様子です
 だいぶモバイルから見やすいように工夫していると思いますが、改善点がありましたらTwitter等でお教えいただけると幸いです。


 流入元は、下記の通りです。
・検索エンジン:74.4%
・SNS:9.2
 アクセスの過半数は、相変わらず1位がGoogle、2位がYahooといったところです。
 雲上四季は、基本的に謎解きでもボードゲームでもマーダーミステリーでも、感想記事をメインで書いているので、やっぱりそれらの感想を求めている方が多いかなという印象です。

アクセスの多かった記事ベスト10

 さて、ここからはランキング形式で、アクセスの多かった記事を紹介させてください。

 栄えある1位は……!
 なんということで、なにかの気まぐれで読んだ漫画『圧勝』の感想記事が、まさかの1位でした。
 雲上四季は上述の通り、感想記事がメインなのですが、謎解きにせよボードゲームにせよ流行り廃りがあるので、流行っている時期は、めっちゃアクセスいただけるのですが、流行りが終わると、一気にアクセスされなくなります。
 その点、この記事は年間を通してコンスタントにアクセスされており、その成果が出たのかなというイメージです。

 そして、2位は、これもまた古の記事です。
 2014年に書いたゲーム『ゼノギアス』の感想記事です。
 こちらも『圧勝』の感想記事と同じく、コンスタントにアクセスされた結果でしょう。

 3位はこちらです、東京ミステリーサーカスの紹介記事です。
 9月頃から、じょじょに落ち着いてきましたが、それまではずっとアクセスされ続けていた記事なので、その結果が如実に現れたかなという印象です。最近は、ちょっとケアできていなかったので、時間があるときにリライトします!

 4位に来て、ようやく2019年に書いた記事がランクインしてくれました! ありがとうございます!!
 こちらは3月に横浜にオープンした横浜ヒミツキチで遊べる『Escape from the NINE ROOMS』の感想記事ですが、半年近く、コンスタントにアクセスいただきました。

 5位も2019年に書いた記事です。
 5年間続いたゲームマーケット大賞終了に寄せて、審査員の視点から語った記事です。この記事でゲームマーケット大賞の終了を知ったという方も多く、ニュース的な観点からも注目された記事かなと思います。

 6位はなんと2019年1月1日に書いた記事です!
『inSPYre』の感想記事なのですが、タイトルに入れた「難しすぎる!」が刺さったのか、3連続となる記事の2記事目だけがやたらアクセスされました。

 7位は2018年に書いた『スポル』の感想記事です。『inSPYre』と同じく攻略記事を求めに来た方が多かったのかもしれません。

 基本的にポジティブなことしかメッセージアウトしたくないのですが、いろいろ思うところあってネガティブな感想を書いてしまったら、坂道ファンが多かったこともあって、ものすごいアクセスされてしまった『ザンビ』の感想記事です。いやはや、お恥ずかしい。

 9位はSCRAPが、東京ドームシティアトラクションズの全域を使って仕掛けた、ワンピースとコラボしたリアル脱出ゲーム『海賊王(ロジャー)の秘宝眠る遊園地からの脱出』の感想記事です。
 夏休みの東京ドームシティアトラクションズで、子どもも楽しめて、しかもワンピースとコラボということで、特に注目を集めたのだと思います。

 10位はSCRAPが、ポケットモンスターの映画『ミュウツーの逆襲』とコラボしたリアル脱出ゲーム『ミュウツーの城からの脱出』の感想記事です。
 子どもと一緒に楽しめるホール型ということで、気になった方も多かったのではないでしょうか。


 以上ベスト10でした。
 昨年に引き続き、SCRAPによる謎解き系の記事にアクセスが集中した印象です。このベスト10だけを見ると、謎解きしかしていないように感じられますが、記事の絶対数で言うとボードゲームの感想の方が圧倒的に多いので、ちょっと残念ではあります。また、今年の終盤は、マーダーミステリーを遊びまくったのですが、こちらもあまり読まれておらず……まあ、マーダーミステリーに関しては、これからでしょうか?

終わりに

 と言うわけで、アクセス解析から見た雲上四季の2019年、でした。
 なるべく読者が見て面白いブログの方がいいよね! ということで、どういう記事が求められているのか、より求められている記事は、ちゃんとリライトして上質さを維持したいと考えているのですが、今年の後半は、ちょっとサボってしまいました。
 ゲームマーケット大賞が終わり、これに携わっていた時間が今年からなくなるので、新しいことにチャレンジしていく所存です。今年も、雲上四季を人生の楽しみのひとつとしていただけると、とても嬉しいです。