雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

RPP『光より遅く(オンライン版)』開催結果及びプレイされた方の感想まとめ

f:id:sinden:20200421145902p:plain
『光より遅く』というロールプレイングポエムが大好きな秋山です、こんにちは。
 このゲームを最初に遊んだのは2015年ですが、かれこれ30回以上は遊んでいます。今回、訳合ってオンラインで開催しましたので、その経緯と結果をまとめます。

『光より遅く』とは

 そもそも『光より遅く』とは何ぞや、について。
 この作品はMarc Majcher氏によるロールプレイングポエム、あるいはゲームポエムという新しいタイプのエンターテインメントです。一般的なゲームと異なり勝ち負けの概念はなく、プレイヤー同士の仲を深めるためのコミュニケーションツールとしての色合いが強いかもしれません。
 詳しくは以前に書いた記事をご覧ください。

オンライン版を立てようと思ったきっかけ

 新型コロナウィルス感染症対策として、外出の自粛が要請される昨今、日々、自宅に引きこもることによってストレスを感じられる方が増えていると感じました。
 そこで、少しでもそういった方の気をまぎらわせたいと考え、オンラインで『光より遅く』を遊べるように環境を整え、無償でGMとして進行をお手伝いさせていただくことにしました。

タイムスケジュールと開催回数

 最初のうちは試行錯誤でしたが、最終的に、タイムスケジュールは、ほぼ下記の形で定まりました。

前説:20分
プレイ時間:1時間10分
感想戦:30分

 前後含めて2時間という感じです。場合によっては鍵を外して、全プレイヤーの手紙交換の様子を公開する対応もさせていただき、そのケースは、もう少し時間が延びたりします。
 この記事を書いている今日現在、既に9回のGMを実施し、後、1回だけGM対応予定なので、都合10回、開催したことになります。
 稼働時間で換算すると20時間。けっこう、働きました。一銭にもなってないですけれど。ちなみに、18時半から連続して3回もGMやった日もあり、この日はさすがに疲れましたね。

遊んでくださった方の感想

 ここから先は、遊んでくださった方の感想を紹介します。
 転載は不都合があるという方は、おっしゃっていただければ削除するようにします。

リプレイ集について

 前々から思っているのですが、メンバー次第では、ほんとうに奇跡のように素晴らしい物語を紡ぐことができるんじゃないかと思っており、そういうメンバーを集めて、連続して遊び、リプレイ集として本とかの形にしたいなと考えています


 以前にも2回ほど、このブログでリプレイを公開しましたが、なかなか作り方が難しいのと、読み物としての編集が難しいですよね。
 今回、オンラインでやってみて感じたのは、キーボードだと手書きより分量を充実させられることと、ログが残るので編集が容易であること。
 ただ、難点は、秋山がGMで関与してしまうと、プレイヤーとして参加できないので、編集に徹さざるをえないということですね……。

おもむろに宣伝

 あ、もし「秋山を応援してやろう」という気持ちになっていただけたならば、是非、このブログを定期的に見に来てください。励みになりますので。
 そして、もし「少しお金を出してもいいかも」という気持ちになっていただけたならば、何冊か本を出しているのでお買い求めください。

今後について

 そこそこの負荷になりますので、無償でのGM対応は、今後、受けない予定です。
 有償でも構わないので遊びたい! という方はご連絡ください。もっとも『光より遅く』は、元々フリーの作品ですし、手間賃くらいしかお願いする予定はありませんけれど。

終わりに

 長くなりましたが、このたいへんなご時勢において、少しでも皆様の孤独な夜を慰めることができていれば、これ以上の幸いはありません!
 そして『光より遅く』はリアルで遊んでも楽しいので、ソーシャルディスタンスを気にする必要のないポストコロナの時代が、もし来るならば、是非、一緒に遊びましょう!