雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

無料の1人~6人用マーダーミステリー風ゲーム『巡る想い、幻の歌姫を探して。』の感想

f:id:sinden:20200731164143p:plain
 まどりやの鷹海和秀さんによる、マーダーミステリー風ゲーム『巡る想い、幻の歌姫を探して。』を遊びました。
 1人から6人で遊ぶことができる無料のゲームです。

ゲームの概要

 6人のキャラクターのうちの1人を担当し、文化祭のステージに乱入したアイドルの正体するマーダーミステリー風のゲームです。殺人はないため、日常の謎を扱ったものと言えます
 通常のマーダーミステリーは、プレイ人数がほぼ固定で決まっていますが、このゲームのプレイ人数は1人から6人と幅広いです。担当プレイヤーのいないキャラクターはNPCとして登場するので、プレイヤー人数が6人揃っていれば一般的なマーダーミステリーとして遊べますし、1~2人だと、協力型推理ゲームに近しくなります

 基本的なシステムや、独自の仕組みは巡る想いシリーズの1作目と共通しています。
 と言いますか、本作はシリーズ1作目の『巡る想い、届かぬ気持ち。』の無料体験版という位置づけとなります。と言っても『巡る想い、届かぬ気持ち。』をダウンサイズしたものではなく、システムと一部キャラクターが共通しているだけで、ストーリーは完全に別物です。
 従って、
『巡る想い、届かぬ気持ち。』が面白かった方は遊ぶべき
『巡る想い、届かぬ気持ち。』を未プレイの方は、無料なので気軽に遊んで構わない
 と、全方位にオススメできる作品です。

ゲームの感想

 私が遊んだのはテストプレイのときなので、現在、公開されている完成版とは、少々、勝手が異なるかもしれませんが、前作の『巡る想い、届かぬ気持ち。』と同様に堪能させていただきました。
 上述の、巡る想いシリーズの独自の仕組みは、はじめての方は面食らうかもしれませんが、一度、慣れ親しむと奥深く、なんだかスルメのような味わいです
 鷹海さん1作目の『ラブレターを出したのはだれだ?』は、ソロプレイで推理を堪能した方が面白いのではと思っていますが、この巡る想いシリーズは、可能ならばフルメンバー集めてマーダーミステリー方式で遊んだ方が面白いのではと感じます。なんならギミックに慣れている方がいいので、メンバーを集めたら、『巡る想い、届かぬ気持ち。』も買ってしまって2作、一気に遊んだ方がいいかもしれません。

合わせて読みたい


終わりに

 今のところ、この仕組みは高海さん独自だと思いますし、学園を舞台としたひとの死なない世界観は遊びやすいので、是非、どんどんシリーズ展開いただければと願う限りです。