雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

錬金式を完成させ、金を錬成せよ『れんきん!』の感想


f:id:sinden:20181006171445j:plain
 るりるりゲームズさんのゲームマーケット2018春の新作『れんきん!』を遊びました。
 2~4人で遊べる、モノ感の高いボードゲームです。


 プレイヤは見習い錬金術師となり、まずは個人ボードにある教科書を完成させることを目指します。
 資源を駆使して、錬金式を完成させ、いちはやく25という数字を作り出したプレイヤが、金の錬成に成功したことになり、ゲームに勝利します。


f:id:sinden:20181006171630j:plain


 アートワークの可愛らしさや、『けいおん!』を連想するキャッチーなタイトルはさておき、るりるり感のあるコンポーネントが、マジでヤバイです
 これは、もう、ヤバイとしか言いようがありません。
 だって、どこからどう見ても、錬金術師の工房ですよ
 この設備を使って、資源を生み出すという時点で、テンションがうなぎのぼりです


……が!
 るりるりゲームズさんの作品を遊ぶのは、本作で3作目ですが、過去最高レベルにルールブックが難解でした。
 と言うか、サマリーには記載があるのに、ルールブックには記載がない情報があったりして、錬金術師というテーマもあいまって、魔導書を解読している気分にすらなります。


 そんなわけで、箱を開けてから、コンポーネントを組み立てて、実際にゲームを始めるまで、ざっと1時間半。
 きっと……多分……こういうルールだろうという推測の元、遊び始めてプレイ時間は40分。合っているルールで遊べたと信じたいです。


f:id:sinden:20181006171856j:plain


 ゲーム自体は、パズルの魔法陣を、ベースにしたものと察せられます。
 足し算引き算掛け算割り算を駆使して、25という数字を目指します。ピースは有限で、他プレイヤに欲しかった数字を取られてしまうと、他の計算式で25を目指す必要が出てくるので、他プレイヤの動向にも睨みを利かせる必要があり、けっこう面白いです。
 とは言え、目当ての資源が、首尾よく得られるかどうかは運の要素もあって、やむなくいばらの道を歩むことになることもあったりなかったり。
 遊び始めたら、けっこう面白かったのですが、いかんせん遊び始めに時間を要したことと、結局、正しいルールで遊べているのかどうかが分からず、難しいところです……。


難しかったよー。何をどうして、どうすればいいのか、よく分からなかったよ。工作は楽しかったけどね!

過去最高レベルにルール解読に手間取ったね……

ただのカードやボードだけじゃないコンポーネントが、面白いと思う。ルールが大変だけどね

そうね

でも、ルールより工作だよ、大変なのは。出来上がったら勝ったようなもんだよ