雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

脱出とかどうでもいい『ポテトチップス・暗闇の迷宮』の感想


f:id:sinden:20181228140940j:plain
 7キューブさんのゲームマーケット2018秋の新作『ポテトチップス・暗闇の迷宮』を遊びました。
 2~4人用の、ポテトチップスを食べるカードゲームです。


 1人用カードゲーム『うどんエイリアン』で、ボードゲーム業界に颯爽と登場した7キューブさん。その正体は、アンディー・メンテのジスさんこと、泉和良さん。
『うどんエイリアン』以降、黙々と独自の世界観を抱える、奇妙な味わいのゲームをリリースしつづけていましたが、今回は2~4人で遊べる、ポテトチップスを食べるカードゲームです。


f:id:sinden:20181228141024j:plain


 メカニズムとしては、何ということはありません。
 場に並んだカードを順々にピックしていって、手札で1枚のポテトチップスを作り上げることができたら、そのことを大声で宣言しつつ、事前に用意しておいたポテトチップスを食べる。
 ちなみに運良く、最初からポテトチップスが完成しているカードを入手できれば、即座に食べられます。
 そういうゲームです。


f:id:sinden:20181228141057j:plain


 ゲームっぽいところとしては、カードに記載されているポテトチップスが分数になっていることでしょうか。
 ポテトチップスを食べるには、ぴったり1にする必要があるのですが、この写真を見て伝わりますかね。この4枚のなかから3枚を組み合わせれば、ぴったり1にできるのです。


f:id:sinden:20181228141129j:plain


 こちらも、同じですね。
 この4枚のなかから3枚を組み合わせれば、1にすることができます。
 ここらへんの妙が、なんだか楽しくて、ふしぎと盛り上がります。変なカケラばっかり手に入ってしまって、いっこうにポテトチップスが食べられない~! そう思っていても、ふとしたきっかけから上手いこと1に出来たりすると、思わずガッツポーズになります。


 ポテトチップスカードの他には、特殊能力カードもあって、強い能力はゲームバランスを崩しています。
 が!
 そもそも、ポテトチップスを食べるという点において、既にしてバカゲーなので、ちょっとくらいゲームバランスが崩れていても、むしろその方が味わいがあると言うか、アクセントになっていて良い感じです。


 と言うわけで、このギャグセンスを許容できるメンバーであれば、きっと楽しめます
 最後に注意点をひとつ。
 ポテトチップスを食べて、指が油で汚れている状態でカードは触らないようにね!


ポテトチップスなしで遊んだよね

ぺこらさん、しー! そこは伏せておこう!!

迷宮だよ。暗黒だよ。暗闇だよ。暗黒じゃないんだよ、暗闇なんだよ。しっぽさんは、宣伝動画がいつも面白いんだよ。あっ! 今回は、しっぽさんじゃなかった。誰だっけ?

田代さんとかじゃなかった? しっぽは、いつも1人用ゲームしか作らねえって、Disってたよね