雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

セカイ系

 何を今さら系のネタだが、暇潰しにはちょうどいいかもしれない。


 自分がセカイ系という言葉を知ったのは、2chにおいてで、最初は大塚英志東浩紀あたりが発案した言葉なのかなとググってみたところ、ぷるにえ氏という方の言葉であるらしい。
 さて、セカイ系という言葉の意味為すところだが……そう語れるほど詳しくないので、適当に引用してみる。

過剰な自意識を持った主人公が(それ故)自意識の範疇だけが世界(セカイ)であると認識、行動する(主にアニメやコミックの)一連の作品群のカテゴリ総称。 「新世紀エヴァンゲリオン」「ほしのこえ」「最終兵器彼女」などがこれにあたる。 小説なら桜井亜美田口ランディ村上春樹の作品など。 元祖はサリンジャー

 又の名を「ポスト・エヴァンゲリオン症候群」。  「社会」や「国家」をすっとばして「自分のキモチ」なり「自意識」なりが及ぶ範囲を「=世界」と捉えるような世界観を持つ一連のオタク系作品がこう呼ばれているらしい。  例えば「ほしのこえ」例えば「最終兵器彼女」。

 とまあ、こんなところだ。これだけ知っていればもう充分だが、セカイ系に興味を持った人は、セカイ系リンクなり「セカイ系」の語られ方、などからどうぞ。


 今回は暇潰し目的ですので、結論も落ちもありません。と言うより、雲上私記には元より結論も落ちもありません。あしからず。