雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

内外装

 上とは全然、別のおはなし。
ファウスト』に掲載された、笠井潔氏とTYPE-MOON奈須きのこ武内崇との対談を読んでいて興味深い点を見つけた。
 それは笠井氏が本格ミステリについて語っている場面なのだが……。本格ミステリは「論理的な推理」と「お化け屋敷=ゴシック趣味」という二つの要素から成り立っているらしい。そして舞城王太郎佐藤友哉西尾維新の3人は、名探偵や密室と言った要素は継承しているが、謎を論理的に解くという面が希薄だと言う。


 これと同じようなことを、自分は漠然と考えていた。
 2年前。自分は吸血鬼、法王庁、神父や銃器と言ったものが描きたくて『フィレンツェの詩』という小説を書いた。これは、吸血鬼の悪魔祓い師・多重人格の死刑執行人・罪を犯した異端審問官の3人が協力してフィレンツェクトゥルーの手から守るといった話だった。
 1年前。自分は鬼、刀、人喰いや女子高生と言ったものが描きたくて『彼女の夢』という小説を書いた。これは、自分の身に眠る鬼に気付いてしまった女子高生が、宮司や殺人鬼と協力して人喰いを倒すといった話。
 そして今。自分はまだ言葉にできない物を語りたくて、魔女ッ娘を主人公にした小説を書いている。別段、魔女ッ娘に興味はない。と言うより、自分が知っている魔女ッ娘は『魔法使いサリーちゃん』と『おじゃ魔女ドレミ♪』だけで、魔女ッ娘に対する知識は全くと言っていいほどない。それでも魔女ッ娘を手にとったのは、「論理的な推理」を行うために「密室殺人」を登場させるような感じだと思う。恐らく、自分の物語りを行うのに、魔女ッ娘が必要だったのだ、だから使った。
 けれどそれではいけないのかもしれない。
 理想とするのは「論理的な推理」が好きでかつ「バラバラ殺人・アリバイトリック」が好きであるように。自分が語りたい物語を語るのに、自分が好きな要素を取り上げなければならないのかもしれない。
 勿論、それは「自分が魔女ッ娘を好きになる」ということには繋がらない。外装を整える創意工夫のためには、自分の魔女ッ娘を、確固たるものに昇華し愛せ、ということ……なの、だろうか。
 実を言うとよく分からない。
 別に既存の魔女ッ娘には全然興味がないし、自分の作る魔女ッ娘さえしっかり作られていればいいと思う。けれど或いは、魔女ッ娘を描き、それが魔女ッ娘であると公言するのに、既存の魔女ッ娘のことは知らなければならないのかもしれない。
 先に挙げた吸血鬼の例で言ってみれば。『ヘルシング』を読んで吸血鬼を描きたくなった、でも本家本元の『ヴァンパイア』には興味がない。けど、吸血鬼物を書く上で『ヴァンパイア』は読まなくてはならないのかもしれない。どうしようか。……というような具合だ。
 魔女ッ娘に本家本元や、元祖といった物はあるのだろうか? ちょっとは、調べるべきなのかもしれない……。
 ちなみに西尾維新著『新本格魔法少女りすか やさしい魔法はつかえない。』は未読です。