雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

乱させない金曜日

 100円ショップで売っているゲームの質はどれぐらいなのかと気になり、昨日、幾つか買ってきました。戦略ファンタジー『ヴァスタークロウズ』、ロールプレイングゲーム『ディープハンター』、アドベンチャーゲーム『ミステリアスハウス』の三作。まず『ヴァスタークロウズ』を起動して驚いたのですが、制作者があのM.Sekiyaさん*1。オンラインソフト好きなら一度や二度は聞いたことがあるクリエイタで、秋山も二作ほど遊んだ記憶があります。ゲームは実に面白く、クォリティの高いグラフィックとBGM、取っ組みやすいシステムで、ついつい二時間ほど没頭してしまいました。未クリアですが、100円分以上の価値はまず間違いなくありました。
『ヴァスタークロウズ』が当たりだったので、調子に乗って『ディープハンター』もやってみたらこれがまた酷かったです。ウィズ風のダンジョン探索物なんですが、操作性も悪ければ難易度もデタラメ。まったく酷かったです……まあ、防具にKATURAやらGUNTEやらがあったのは笑えましたが。